選ばれる7つの理由
交通事故の専門家に依頼することで実際に慰謝料の金額に差が出ました 事例

後回しにすることで、慰謝料減額、後遺障害非該当 治療打ち切りなどの損害になるかもしれません。 事故の被害に遭って辛い毎日、痛みに我慢しながらの 仕事、家事、育児、そして....

「あーも嫌だ、なんで自分がこんな目に」
「この先どうなるんだろうか」
「今後の仕事ができるか不安...」
「この痛みを医者がわかってくれない」
「何か鬱なのかなぁ、なんとなく何もする気がしない..」

毎日の激痛、疼痛、痺れ、めまい、頭痛そして...
失業、離婚、鬱、寝たきり..

*このような悩み抱える被害者の方がたくさんおられます。 悩むよりまず相談して心の安心を取り戻しましょう。
延べ187件以上の相談をこなし、埼玉県、岡山県、 茨木県、 栃木県、長崎県、熊本県 そして福岡県・・などの
交通事故被害者の方からご依頼が殺到の理由とは・・
行政書士が行う交通事故被害者のためのサポートとは・・
 

お客様の真実の声

抜粋
示談直前に・・松尾先生と知り合い。慰謝料が10倍に・・・
後遺障害12級事案 損害賠償算定書作成
    川口拓郎様 20代男性  飯塚市在住



お客様の真実の声:詳細      
 

私が、HPをご覧の交通事故被害者様の お力になれることは具体的に以下になります。


・通院の仕方のアドバイス。
(*後々の後遺障害申請や、 慰謝料に関わる重要な事)

・後遺障害申請のアドバイス。
  交通事故の8割はむち打ちになると  言われております。
 むち打ちでも後遺症は認められることもあるのです。
 むち打ちで後遺症を認められる方法をアドバイスします。
 
・後遺障害認定に必要な検査、医証のアドバイス
もちろん、その他の後遺障害を網羅しておりますのでその他についてもアドバイスします。
*後遺症なら医師の方が詳しいだろ?
 これは間違いです。
 後遺障害認定は労基法等で定められた労災基準(労災認定必携参照)により調査事務所が認定を行います。
 その認定実務、認定基準について医師は詳しく知らないのです。)
 
*保険会社はどうなのでしょうか?
 保険会社はあなたに慰謝料を 支払う側にあたります。
 あなたのためにいろいろ動いてくれるでしょうか?

・原則弁護士の先生を紹介しますが、お客様の状況や予算などをふまえて損害賠償算定書をお作りすることもできます。。
 
 あなた様の損害をあなた様自身が理解してあなたの武器となる算定書で相手の保険会社に正当な金額を請求しましょう。
*あくまでも話し合い、円満解決前提での金額になります。訴訟などは想定してません。紛争性が高い場合は弁護士の先生をご紹介させていただきます。

早めの相談が一番大事です。

 このような金額になる場合もあれば相談が遅すぎて手遅れになる場合も複数ございます。


全ての記事を見る



交通事故の被害者が専門家に相談する事が重要な理由とは?

交通事故の被害に遭ったら必ず知っておくべき内容とは?


092-292-9255 ご相談・お問い合わせ


このページのトップへ