HOME > 気になる後遺障害ピックアップ > 上肢、手肢について

気になる後遺障害ピックアップ

上肢、手肢について

気になる後遺障害ピックアップ~上肢と手指について~

上肢及び手指の障害については、障害等級表上、上肢の障害として、欠損障害、機能障害及び変形障害について、また、手指の障害のとして欠損障害及び機能障害について、それぞれ、次のとおり、等級が定められています。

 等級 障害の程度 
上肢 欠損障害  第1級の3号
第1級の4号
第2級の3号
第4級の4号
第5級の4号
第5級の6号 
両上肢をひじ関節以上で失ったもの
両上肢の用を全廃したもの
両上肢を手関節以上で失ったもの
一上肢をひじ関節以上で失ったもの
一上肢を手関節以上で失ったもの
一上肢の用を全廃したもの
機能障害 第1級の1号
(別表1)
第5級の6号
第6級の6号
第8級の6号

第10級の10号

第12級の6号 

 両上肢の用を全廃したもの

一上肢の用を全廃したもの
一上肢の用を全廃したもの
一上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

一上肢の3大関節中の1関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
一上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
変形障害 第7級の9号
第8級の8号
第12級の8号 
 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
一上肢に偽関節を残すもの
長管骨に変形を残すもの
 手指  欠損障害 第3級の5号
第6級の8号 
第7級の6号

第8級の3号

第9級の12号
第11級の8号
第12級の9号
第13級の7号
第14級の6号
両手の手指の全部を失ったもの
一手の5の手指または親指を含み4の手指を失ったもの
一手の親指を含み3の手指を失ったものまたは親指以外の4の手指を失ったもの
一手の親指を含み2の手指を失ったものまたは親指以外の3の手指を失ったもの
一手の親指または親指以外の2の手指を失ったもの
一手の人差し指、中指、又は薬指を失ったもの
一手の小指を失ったもの
一手の親指の指骨の一部を失ったもの
一手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの 
機能障害 第4級の6号
第7級の7号
第8級の4号

第9級の13号

第10級の7号第12級の10号
第13級の6号第14級の7号 
 両手の手指の全部の用を廃したもの
一手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
一手の親指を含み3の手指の用を廃したものまたは親指以外の4の手指の用を廃したもの
一手の親指を含み2の手指の用を廃したものまたは親指以外の3の手指の用を廃したもの
一手の親指またyは親指以外の2の手指の用を廃したもの
一手の人差し指、中指又は、薬指の用を廃したもの

一手の小指を廃したもの
一手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
上肢の後遺障害は、骨折・脱臼・神経麻痺に伴って発生します。
上肢は、鎖骨・肩甲骨・上腕骨・じょう骨・尺骨の5つの骨で構成されており、じょう骨と尺骨は、まとめて前腕骨と呼ばれています。
骨折で後遺障害が問題となるのは、骨の癒合が不良。
転位、変形治療と説明しますが、間違った位置で癒合した。
偽関節=仮関節と説明しますが、骨癒合が不良で、骨折部が関節化、以上可動性を示す。
関節が拘縮して可動域制限をきたす。等です。
脱臼とは、関節にしっかりとおさまっている骨がずれた、関節から飛び出してしまった状態です。
関節を構成している骨は、簡単はずれないように靭帯で各々を引きつけています。亜脱臼・脱臼を発症した時は、大多数のケースで靭帯が損傷、断裂しているのです。
最後に神経ですが、上肢には、正中・じょう骨・尺骨の3本の神経が腕神経から伸びており、それぞれ違う経路を通って、手指まで走行、上肢を支配しているのです。
交通事故における神経の損傷は、直接の神経の断裂や、骨折・亜脱臼・脱臼などで神経が圧迫されることを原因としています。

害等級認定の基準
腕の骨の画僧と名前

今すぐ相談する


(1)上肢の障害
欠損障害
①「上肢をひじ関節以上で失ったもの」とは次のいずれかに該当するものをいう
  • a肩関節において、肩甲骨と上腕骨を離断したもの
  • b肩関節とひじ関節との間において上肢を切断したもの
  • cひじ関節において、上腕とじょう骨及び尺骨とを離断したもの

②「上肢を手関節以上で失ったもの」とは次のいずれかに該当するものをいう
  • aひじ関節と手f関節の間において上肢を切断したもの
  • b手関節において、じょう骨及び尺骨と手根骨とを離断したもの

機能障害
①「上肢の用を廃したもの」とは3大関節(肩関節・ひじ関節及び手関節)のすべてが強直し、かつ、手指の全部をの用を廃したものをいう
上腕神経叢の完全麻痺もこれに含まれる。

②「関節の用を廃したもの」とは、次のいづれかに該当するものをいう。
  • a関節が強直したもの
    但し、肩関節にあっては、肩甲上腕関節が癒合し骨性強直していることが、エックス線写真により確認できるものを含む
  • b関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの
    「これに近い状態」とは、他動では可動するものの、自動運動では関節の可動域が健側の可動域角度の10%程度以下となったものをいう。この場合の10%以下とは、「関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領」の第1の2の(1)の「関節の強直」の場合と同様の判断をする。
  • c人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの
③「関節の機能に著しい障害をのこすもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。
  • a関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの
  • b人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、上記②のc以外のもの
④「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下制限されているものをいう

変形障害
①「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当し、常に構成補装具を必要とするものをいう。
  • a上腕骨の骨幹部又は、骨幹端部(以下骨幹部等という」にゆ合不全を残すもの
  • bじょう骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
②「偽関節を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。
  • a上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記①のa以外のもの
  • bじょう骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記①のb以外のもの
  • cじょう骨又は尺骨のいずれか一方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、時々構成補装具を必要とするもの
③上肢の「長管骨に変形を残すもの」とは次のいずれかに該当するものをいう。
なお、同一の長管骨に以下のaからfの障害を複数残す場合でも、第12級の8号と認定する。
  • a次のいづれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正癒合したもの)以上のもの
    (a)上腕骨に変形を残すもの
    (b)ギョウ骨及び尺骨の両方に変形を残すもの(但し、ギョウ骨又は尺骨のいずれかの一方のみの変形であって、その程度が著しいものはこれに該当する)
  • b上腕骨、ぎょう骨又は尺骨の骨端部に癒合不全を残すもの
  • cぎょう骨又は尺骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、公正補装具を必要としないもの
  • d上腕骨、ぎょう骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの
  • e上腕骨(骨端部を除く)の直径が3分の2いかに、又はギョウ骨若しくは尺骨(それぞれの骨端部を除く)の直径が2分の1以下に減少したもの
  • f上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形癒合しているものこの場合、50度以上回旋変形癒合しているとは、次のいづれかにも該当することによって判定する。
(a)外旋変形癒合にあっては肩関節の内旋が10度超えて可動できないこと
(b)エックス線写真により、上腕骨骨幹部の骨折部に回旋変形癒合が明らかに認められること
なお、長管骨の骨折部が良方向に短縮癒着している場合は、たとえ、その部位に肥厚が生じていても長管骨の変形としては取扱わない

上肢に関する後遺障害について詳しい記事については続きはこちらをクリック


手指の障害
手の骨の名前と画像

欠損障害
①「手指を失ったものとは、母指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失ったもの」とされており、具体的には、次の場合がこれに該当します。
  • a手指を中手骨又は基節骨で切断したもの
  • b近位指節間関節(母指にあっては指節間関節)において、基節骨と中節骨とを離断したもの
②「指骨の一部を失ったもの」とは、1指骨の一部を失っている(遊離骨片の状態を含む)ことがエックス線写真等により確認できるものをいう。

機能障害
①「手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節もしくは近位指節間関節(母指にあっては指節間関節)に著しい運動障害を残すもの」とされており、具体的には、次の場合がこれに該当する。
  • a手指の末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの。
  • b中手指節関節又は、近位指節関節(母指にあっては指節間関節)の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されるもの。
  • c母指については、ぎょう側外転又は掌側外転のいずれかが健側の2分の1以下に制限されているものも、「著しい運動障害を残すものとして取り扱う。
  • d手指の末節の指腹部及び腹部の深部感覚及び表在感覚が完全に脱失したものも、「手指の用を廃したもの】として取り扱う。このことは、医学的に当該部位を支配する感覚神経が断裂し得ると判断される外傷を負った事実を確認するとともに、筋電計を用いた感覚神経伝導速度検査を行い、感覚神経活動電位(SNAP)が検出されないことを確認することによって認定する。
②「遠位指節間関節を屈伸することができないもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。
  • a遠位指節間関節が強直したもの
  • b屈伸筋の損傷等原因が明らかなものであって、自動車で屈伸ができないもの又はこれに近い状態であるもの
今すぐ相談する

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ