HOME > 気になる後遺障害ピックアップ > 目、耳、口、醜状障害について

気になる後遺障害ピックアップ

目、耳、口、醜状障害について

気になる後遺障害ピックアップ~眼・耳・鼻・口・醜状障害

眼の後遺障害等級表
後遺障害等級表別表2    
 等級 内容 
視力に関すること
自賠 
(万円)
喪失(%)

 
搭乗
(%)
第 1級1号 1 両眼が失明したもの

 視力の測定は万国式試視力表によることとされています。失明とは眼球を】摘出したもの、明暗を判断できないもの、ようやく明暗を区別できるものを説明しています。
 3000 100  100 
 第2級1号 1 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
2 両眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
2590  100  89 
 第3級1号 1.一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇六以下になつたもの  2219  100  78 
 第4級1号 1 両眼の視力が〇・〇六以下になったもの  1889 92  69 
 第5級1号 1.一眼が失明し、他眼の視力が〇・一以下になったもの 1574  79  59 
 第6級1号 1. 両眼の視力が〇・一以下になったもの1296  1296 67  50 
 第7級1号 1.一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になつたもの  1051  56  42 
 第8級1号 1. 一眼が失明し、又は一眼の視力が〇・〇二以下になったもの 819  45  34 
 第9級1号、2号 1 両眼の視力が〇・六以下になったもの
2 一眼の視力が〇・〇六以下になったもの 
616  35  26 
 第10級1号 1 一眼の視力が〇・一以下になったもの  461  27  20 
 第13級1号 1 一眼の視力が〇・六以下になったもの  139 
  視野に関すること       
 第9級3号 3 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの  616  35  26 
 第13級3号 3 一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの  139 
   眼瞼の障害      
   欠損に関すること      
第9級4号  4 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆い得ない程度のものを説明してます。 
 616 35  26 
 第11級3号 3 一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの  331  20  15 
   運動障害に関すること      
 第11級2号 2 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの   331 20  15 
 第12級2号 2 一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの  224  14  10 
第13級4号  4 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの 
瞼に一部に欠損を残すとは、瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度のものを説明してます。
139 
 第14級1号 1 一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの 
睫毛はげとは、睫毛のはえている周縁の2分の1以上にわたって睫毛はげを残すものを説明してます。
75 
   外傷性散瞳      
 第11級OR第12級 瞳孔の対光反射が著しく障害され、著名な羞明を訴え労働・日常生活に著しく支障をきたすものは、1眼では、12級相当、
両眼で、11級相当が認定されます。 
 331 20  15 
 第12級OR第14級 瞳孔の対光反射はあるが、不十分で、羞明を訴え労働・日常生活に支障をきたすものは、14級相当、両眼では、。12級相当が認定されます。   224 14  10 
   涙小管断裂による流涙      
 14級相当 涙小管断裂により常に流涙が認められるものは14級相当が認定されます。   75
眼球の画像と細部の名称

眼の後遺障害ですが、大きくは眼球の障害と瞼の障害に区分されます。
そして、眼球の後遺障害は、視力障害、調節機能障害、運動障害、市や障害、瞼の障害は、欠損と運動障害に細分化されます。

今すぐ相談する


耳の後遺障害等級表
耳の障害については、障害等級表において、次のとおり、両耳の聴力障害について6段階(9区分)、1耳の聴力障害について、4段階に区分して定め、また、耳介の欠損障害について1等級が認められている。
また、障害等級表に掲げれていない耳の障害については、労災則第14条第4項の規定により、その生涯の程度に応じて障害等級表にかかがられている他の障害に準じて等級認定することとなる。
耳の後遺障害等級表    
両耳の聴力に関するもの    
 等級 内容  自賠  喪失 搭乗 
第4級3号  3 両耳の聴力を全く失つたもの
平均純音聴力レベルが90dB以上で、かつ最高明瞭度が30%以下のものを説明してます。 
1889  92  69 
 第6級3号 3 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができ
ない程度になったもの
耳に接しなければ大声を解することができないときは、80dB以上、または、50dB~80dB未満でかつ最高明瞭度30%以下のものを説明してます。

 
 1296 67  50 
 第6級4号 4 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が四十センチメートル
以上の距離では普通の話声を解することができない程度
になつたもの
1耳が、90dB以上、かつ、他耳が、70dB以上のものを説明しています。 
 1296 67  50 
 第7級2号 2 両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通
の話声を解することができない程度になつたもの
両耳が50dB以上で、かつ、最高明瞭度が502%以下のものを説明してます。 
 1051 56   42
 第7級3号 3 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の
距離では普通の話声を解することができない程度になつ
たもの
1耳が、90dB以上で、かつ、他耳が60dB以上を説明してます。 
 1051 56  42 
第9級7号  7 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を
解することができない程度になつたもの
両耳が、60dB以上で、かつ、他耳が50dB以上で、かつ、最高明瞭度が70%以下のものを説明してます。 
 616 35  26 
 第9級8号 8 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することがで
きない程度になり、他耳の聴力が一メートル以上の距離
では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
1耳が80dB以上で、かつ他耳が50dB以上を説明してます。 
 616 35  26 
 第10級5号  5 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を
解することが困難である程度になつたもの
両耳が、50dB以上、または、40dB以上で、かつ、最高明瞭度が70%以下のものを説明してます。
461  27  20 
 第11級5号 5 両耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解するこ
とができない程度になったもの
両耳が、40dB以上のものを説明してます。

 
 331 20  15 
   1耳の聴力に関するもの      
 第9級9号 9 一耳の聴力を全く失つたもの
1耳の聴力を全く失ったものは、90dB以上のものを説明してます。 
 616 35  26 
 第10級6号 6 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することがで
きない程度になつたもの
80dB~90dB未満のものを説明してます。 
 461 27  20 
 第11級6号 6 一耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の
話声を解することができない程度になつたもの
70dB~80dB未満 、または、50dB以上で、かつ、最高明瞭度が50以下のものを説明してます。
331  20  15 
 第14級3号 3 一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
40dB~70dB未満のものを説明してます。

 
 75
   耳殻の欠損      
 12級4号 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの   224 14  10 
   耳鳴り・耳漏      
 第12級相当 30dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査によ立証可能なもの、
30dB以上の難聴で、常時耳漏を残すもの 
 224 14  10 
 14級相当 30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの
30dB以上の難聴で、耳漏を残すもの
 75

今すぐ相談する


鼻の後遺障害等級表
鼻は呼吸・味覚をを担当する器官です。
鼻は、外鼻と鼻腔とに分けられ、鼻毛や粘膜によって埃の侵入を防ぎ、吸い込む空気を温暖湿潤にします。
鼻腔の表面は粘膜に覆われているのです。
余談ですが、コカインを鼻から吸引するには、この粘膜を通じて作用させるのです。
鼻腔の上部には、嗅覚を担当する器官、嗅球・嗅神経が存在しています。
鼻の後遺障害 
 9級5号 鼻を欠損し,その機能に著しい障害を残すもの
鼻緒欠損とは、鼻軟骨部の全部または、大部分の欠損を説明してます。
機能に著しい障害を残すものとは、鼻呼吸困難まてゃ、嗅覚脱失を説明してます。
鼻の欠損は、外貌の醜状でも判断可能です。
 616 35  26 
鼻の欠損や、鼻軟骨の全部または、大部分の欠損、機能に著しい障害を残すととは、嗅覚の脱失または、鼻呼吸が困難であることを言います。
鼻の欠損は、耳と同じく、外貌の醜状として捉えることができます。
女性の場合、鼻の欠損は、外貌の醜状で捉えれば7級12号が該当します。
この場合、先の9級5号と併合するのではなく、上位等級の7級12号が認定されるのです。
鼻の欠損を外貌の醜状で判断する場合で鼻以外の顔面にも醜状瘢痕が認められる場合は、鼻の欠損と顔面の醜状と合わせて、その程度により、単なる醜状か、著しい醜状か、これらの判断が行われます。

嗅覚の脱失
鼻の後遺障害 
 12級相当 嗅覚を脱失または、鼻呼吸困難が存するもの(嗅覚の脱失とは、t&tオルファクトメーターで、5.6以上)    224 14   10
 14級相当 嗅覚の減退するもの、(嗅覚の減退とは、 t&tオルファクトメーターで、2.6以上5.5以下)  75
口の後遺障害
①口の障害等級については、障害等級表において、次のとおり、そしゃく及び言語機能障害について6段階並びに歯牙障害について6段階並びに歯牙障害について5段階に区分して等級が定められている。
②えんげ(のど)障害、味覚脱失障害等級表を表を掲げていない口の障害については、労災則14条第4項の規定により、損障害の程度に応じて、障害等級表に掲げられている他の障害に準じて等級を認定することとなる。
等級  障害の程度 
そしゃく及び言語の機能障害  第1級の2
第3級の2
第4級の2
第6級の2
第9級の6
第10級の2

 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
咀嚼又は言語の機能を廃したもの
咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの

歯牙の障害   第10級の3
第11級の3の2
第12級の3
第13級の3の2
第14級の2

 14歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
10歯以上に対し歯科補てつを加えたも
7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの

醜状障害と障害等級
1)障害等級表においては、次のとおり外貌の醜状について、3段階に区分して等級等級が定められており、上肢及び下肢の露出面の醜状については、それぞれ1等級のみが定められています。
区分  等級  障害の程度 
外貌  第7級の12
第9級の11の2
第12級の14 
 外貌に著しい醜状をのこすもの
外貌に相当程度の醜状を残すもの
外貌に醜状を残すもの
上・下肢  第14級の3
第14級の4 
上肢の露出面に手のひらの大きさの醜い跡を残すもの
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの 
外貌及び露出面以外の部分の醜状障害(以下「露出面以外の醜状障害という」については、障害等級表上定めがないので、労災規則14条第4項により、準用等級を定めることとなる。

今すぐ相談する

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ