HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年1月

ブログ 2015年1月

高次脳機能障害 ② 神経系統の機能の異常とは

高次脳機能障害の後遺障害等級は、神経系統の機能の異常+それに伴う社会的合成の低下、
これらを総合的に判断して1つの等級が決められています。

さて、神経系統の異常とは、画像、神経心理学テストで得られる他覚的所見のことです。
当然ながら、調査事務所は、この結果を重要視しています。


画像診断学専門の井田医師の見解

「脳の器質的損傷の判断にあたっては、従前と同じく、CT,MRIが有用な資料であると考える。
ただし、これらの画像も急性期から亜急性期の適切な時期において撮影されることが重要である。

なお、CT,MRI,で異常所見が得られていいない場合に、拡散テンソル画像(DTI)、fMRI,
MRすペクトロスコピー、PETで異常が認められたとしても、それらのみでは、脳損傷の有無、
認知、行動面の症状と脳損傷の因果関係あるいは生涯程度を確定的にしめすことはできない」
と言われております



CT,MRIで異常所見が確認できることが、後遺障害の認定の要件であることを理解しておかなければならない。

これらで異常所見が確認できる時、拡散テンソル画像、PET,では、よりくっきりと抽出できるのです。
等級認定後の訴訟解決では、これらの所見が補強証拠として活躍するのです。


      神経系統の機能の異常を立証する諸検査のすべて
①XP,CT,MRI これらの画像所見が得られていることが要件。
MRIでは、DWI,SWIの撮影法が有用である
②MRアンギオ 脳・頸部守冠動脈の異常をチェック
③スペクト検査 脳内の血流以上をチェック
④ペット検査 ブドウ糖、酵素の代謝を観察、脳の局在の機能や神経受容体の異常をチェック
⑤拡散テルソル画像 錐体路⇒脳梁⇒帯状回⇒大脳半球⇒脳弓、神経線維の減少や短縮を画像で抽出、異常化資格で確認できます
⑥神経心理学検査 22種類の検査の組み合わせで立証します。
⑦その他の検査 嗅覚脱失、味覚脱失、めまい・失調・平衡機能障害では、耳鼻咽喉科における検査、視野以上の半側空間無視等、目に症状があれば、癌かにおける検査が必要、四肢に麻痺が認められるのあれば、整形外科、神経内科の検査が必要です。


高次脳機能障害の立証方法は? ~高次脳機能障害①~

高次脳機能障害として認定されるための入り口部分の3要件

1)以下の傷病名が確定診断されていること  
脳挫傷、びまん性軸索損傷、急性硬膜害血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、  脳室出血、
骨折後の脂肪管塞栓で呼吸障害を発症、脳に供給される酸素が激減した低酸素脳症は、これに該当します。

2)以上の傷病名で画像所見が得られていること  XPでは、頭がい骨骨折とそれに伴う脳挫傷を確認できます。
 CTは、主に水平断画像を確認します。連続した画像により脳萎縮の確認が容易です。
 MRI(T2)フレアーなどで天井出血や脳萎縮等、病変部を確認できます。 3)頭部外傷後の意識障害、もしくは健忘症あるいは、軽度意識障害が存在すること  

 ①当初の意識障害(反昏睡~昏睡で海岸・応答しない状態、JCSが3~2桁、GCS,12点以下が少なくとも6時間以上
 ②もしくは、健忘あるいは、軽度意識障害、JCSが1桁、GCSが13~14点が少なくとも1週間以上続いていることが確認できる症例 頭部外傷後の意識障害は、
専用診断書「東部外傷後の意識障害についての所見」に記載を受けて提出します。

*現在治療中であっても、早めに主治医には、「総武外傷後の意識障害についての所見」の記載を依頼しなければなりません。 早ければ早いほど修正は容易です。


                     意識障害 JCS
Ⅰ覚醒している
(1桁の点数で表現)
0.意識清明
1(Ⅰ-1)見当識は保たれているが意識清明ではない
2(Ⅰ-2)見当識障害がある
3(Ⅰ-3)自分の名前・生年月日が言えない
Ⅱ刺激に応じて一時的に覚醒する
(2桁の点数で表現)
10(Ⅱ-1)普通の呼びかけで開眼
20(Ⅱ-2)大声で呼びかける、強くゆするなどで開眼
30(Ⅱ-3)痛刺激を加えつつ、呼びかけを続けると辛うじて開眼
Ⅲ刺激しても覚醒しない
(3桁の点数で表現)
100(Ⅲ-1)痛みに対し払いのけるなどの動作をする
200(Ⅲ-2)痛刺激で手足を動かす、顔をしかめたりする
300(Ⅲ-3)痛刺激に対して全く反応しない

                  乳幼児意識レベルの点数評価 JCS
Ⅰ刺激しないでも覚醒している
(1桁の点数で表現)
1あやすと笑う。多大不十分で声を出して笑わない
2あやしても笑わないが視線は合う
3母親と視線が合わない               
Ⅱ刺激すると覚醒する
(2桁の点数で表現)
10飲み物を見せると飲もうとする
あるいは乳首を見せれば欲しがって吸う
20呼びかけると開眼して目を向ける
30呼びかけを繰り返すと辛うじて開眼する
Ⅲ刺激しても覚醒しない
(3桁の点数で表現)
100痛刺激に対して、払いのけるような動作をする
200痛刺激で少し手足を動かす、顔をしかめたりする
300痛刺激に対して全く反応しない

                       GCS
               E○+V○+E○=合計○点と表現
            正常は15点満点、深昏睡は3点、点数は小さいほど重症
開眼機能E       4自発的に、または普通の呼びかけで開眼
3強く呼びかけると開眼
2痛刺激で開眼
1痛刺激でも開眼しない
言語機能V 5見当識が保たれている
4会話は成立するが見当識派が混乱
3発語はみられるが会話は成立しない    
2意味のない発声
1発生みられず
運動機能M 6命令に従って四肢を動かす
5痛刺激に対して手で払いのける
4指への痛刺激に対して四肢を引っ込める
3痛刺激に対して緩徐な屈曲運動
2痛刺激に対して緩徐なな伸展運動
1運動みられず

                          PTA、外傷性健忘について
重症度 PTAの持続    
わずかな脳震盪 0~15分
軽度の脳震盪 1.5~1時間          
中程度の脳震盪 1~24時間  
重度の脳震盪 1~7日間             
非常に重度な脳震盪 7日間以上

後遺症認定について  


[後遺症認定について]
1、私は接骨院に8か月ほぼ毎日通院していましたが、
整形に通院していた人より後遺症認定は不利なのでしょうか?

 2、よく後遺症認定するための教本や体験談をPDFとか
 で販売されている方がみえますが、購入して認定されるものですか? または買われた方みえますか?

 医師にどのように症状を説明し、後遺障害診断書を記入してもらうか
 や、実際に獲得した後遺症認定診断書も付いたりして、かなり興味深いのですが、値段もそれなりにするので、悩んでいます

よろしくお願いします


 こういう相談がありました。


 後遺障害認定が不利かどうかの話なのですが、

 結論から先に言うと、

 非常に厳しいです。

 後遺障害非該当になると思われます。

 仮に後遺障害14級が認めらる場合と
非該当の場合だと慰謝料にして最低150万円以上は
差が出ることになります。

 後遺障害12級だと400万円以上の差になります。

 理由は、接骨院をメインの治療期間としている点です。

 後遺障害認定には

後遺障害診断書に、医師に記載してもらわなければなりません。

 接骨院の柔道整復師の先生は医師ではありませんので、
 診断権はありません。

もう一つ重要なのは、
 後遺障害認定に必須なのは、
 「今までの治療内容を勘案する」という項目があります。

これは、[どのような治療をしてきたのか]
をみますよ。
という事なのですが、接骨院や整骨院の治療は
 あくまで補助的なものであり、
メインの治療期間は
整形外科または、専門の大学病院の治療を
受けていることが必要なのです。
 主治医の指示のもとに接骨院や整骨院に通院する場合は
大丈夫です。

 接骨院8カ月通院で治りませんでした、
その他の高度医療機関の受診も
整形外科の診断もうけてないでは、無理なのです。

ですから、早い段階で後遺障害の専門家に相談し
後遺障害認定も視野に治療等のアドバイスをうけることが
重要になります。

 相談はこちら⇒ http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/

松尾和博

交通事故被害者の方からご依頼が 殺到の理由とは・・  通院の仕方、後遺症申請、 むち打ちなどのアドバイス

!cid_8D53616A-E0D6-4FC7-856C-97F2AAF7B0F9.jpg
ブログをご覧の
交通事故被害者の方へ重要なお知らせ】
 *****************
 交通事故の被害者がすぐに専門家に相談することで
事故の怪我の悩みや不安が全て解決し、
 慰謝料も117万円から317万円まで増額!!
このような事は本当に可能なのか?
↓↓
はい!可能です!
 *******************

 注釈
 (あくまでも一つの事例であり個別の案件により異なります)

 ****************
 年間457件の相談をこなし、埼玉県、
 岡山県、茨木県、 栃木県、長崎県、
そして福岡県・・などの
交通事故被害者の方からご依頼が
殺到の理由とは・・
行政書士が行う交通事故被害者の
 ためのサポートとは・・
****************
 詳細はこちらをクリック↓↓
http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/ 

 私が、ブログをご覧の
交通事故被害者様の
 お力になれることは具体的に
以下になります。

・通院の仕方のアドバイス
(*後々の後遺障害申請や、
  慰謝料に関わる重要な事)

・後遺障害申請のアドバイス。
   交通事故の8割はむち打ちになると
 言われております。
  むち打ちでも後遺症は
 認められるのです。
  むち打ちで後遺症を
 認められる方法をアドバイスします。
  後遺障害認定に必要な検査、
  医証のアドバイス

 ・もちろん、その他の後遺障害を
 網羅しておりますので、
  その他についてもアドバイスします。

 *後遺症なら医師の方が詳しいだろ?
  これは間違いです。

   後遺障害認定は労基法等で
 定められた労災基準により
 調査事務所が認定を行います。
  その認定実務、認定基準について
 医師は詳しく知らないのです。)
  
   保険会社はどうなのでしょうか?
   保険会社はあなたに慰謝料を
 支払う側にあたります。
  あなたのためにいろいろ
 動いてくれるでしょうか?

・慰藉料算定します。
  これは弁護士の仕事だと
 思われていますが、
  行政書士で交通事故専門にしていれば
 慰藉料の算定はできます。
  あなたの武器となる算定書を作り、
  相手の保険会社に正当な金額を請求しましょう。

 *あくまでも話し合い、円満解決前提での
金額になります。訴訟などは想定してません。

 実績
 保険会社慰謝料提示金額    
1,199,102円       
↓↓
松尾事務所依頼後最終示談
3,542,757円

その差額2,343,654円

 *************

 保険会社慰謝料提示額       
1,159,600円       
↓↓
松尾事務所依頼後最終示談
3,142,374円 

その差額1,982,774円

 *************

 保険会社慰謝料提示額      
2,788,323円        
↓↓
松尾事務所依頼後最終示談
8,236,439円

その差額5,448,116円

 *************

 保険会社慰謝料提示額      
4,039,043円         
↓↓
松尾事務所依頼後最終示談
16,586,745円

その差額12,547,702円

 *************

 * 早めの相談が一番大事です。
  このような金額になる場合もあれば
 相談が遅すぎて手遅れになる場合も
 複数ございます。

 *行政書士から弁護士に
 引き継ぐ場合も当然ございます。
 *示談交渉などは弁護士法72条
  によりできませんので、
  予めご了承ください。

もっと詳しいページは
 こちらをクリック↓↓
http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/ 

交通事故、 遺言、相続、 無料相談会  博多駅前

通院の仕方で、200万円以上損することもあります!
なぜ!!交通事故の被害に遭った場合に専門家に相談する必要があるのでしょうか??
⇒ http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/
絶対に知っておいてください。そして、両親や恋人、お友達に
教えてあげてください。(●^o^●)
 今すぐ理由を知る→http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/

博多駅前徒歩5分 当事務所内において
毎月第1、第2、第3日曜日
 来月 1月18日 25日、2月1日に開催します。
時間11時~16時まで
...
場所 博多駅徒歩5分 博多区役所となり
   松尾和博行政書士事務所内にて 


なぜ!!交通事故の被害に遭った場合に専門家に相談する必要があるのでしょうか??
 絶対に知っておいてください。そして、両親や恋人、お友達に
教えてあげてください。(●^o^●)
 今すぐ理由を知る  http://matsuogyousei.com/lp/lp1405/

お問い合わせ (完全予約制)
(別の日に個別相談可能)
090-6775-9255
お申し込フォームはこちら↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/44bbc556312981


ご相談内容
◾️非常に重要な交通事故の後遺障害の認定について
◾️慰謝料や休業損害は適正な金額なの??
その他こんな相談も可能
??会社設立、新創業融資や、契約書について
◾️その他許可について

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

1

メインページ | アーカイブ | 2015年2月 »

このページのトップへ