HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年4月

ブログ 2016年4月

後遺障害14級の認定を獲得するための条件と14級の慰謝料の相場について 福岡市博多区の後遺障害認定専門行政書士

後遺障害14級の認定を獲得するための条件と14級の慰謝料の相場について 

こんにちわ、福岡市博多区の博多駅前徒歩5分に事務所を置く後遺障害認定専門行政書士
の松尾です


交通事故の後遺障害等級において、もっと低い軽微な後遺障害等級が14級になります。
一般的に後遺障害14級は最も認定されにくいといわれています。
それは、後遺障害等級認定が第三者機関による書面審理によるものだからと言われています。


後遺障害14級の認定条件や、14級認定でトラブルになりやすい障害「目に見えにくい障害」
14級の慰謝料の相場についてお話ししたい思います。

「目次」

・絶対知っておきたい後遺障害14級認定に必要な9つの条件について
・後遺障害14級の後遺障害慰謝料は最大で3.5倍になるケースとは
・目に見えにくい後遺障害14級9号とはどんなものが当てはまるのでしょうか
・後遺障害14級認定の可能性がある高次脳機能障害について詳しく解説
・後遺障害14級認定の非該当になる4つの原因
・治る見込みがないことや、外傷性に起因することを医師に認めてもらいましょう
・後遺障害14級認定を獲得するための5つの条件について解説
・まとめ



■絶対知っておきたい後遺障害14級認定に必要な9つの条件について



後遺障害等級の中で最も低い等級です。最も怪我が軽微なものを想像してみてください。
一番多いのがむち打ちなどの頸椎捻挫、や腰椎捻挫などからにんていされる等級です。


しかしながら、この等級を認定されることによる、あなたの経済的利益は低く見積もって
150万~200万円程度は変わってしますのです。

あなたの交通事故の賠償金に直結する非常に重要な記事になりますので
しっかと真剣に読み進めてくださいね。

もちろん、ご不明な点や詳しく聞きたいことなど出てくると思いますので、
その時は、すぐに私に電話相談するかメールで問い合わせくださいね。


14級の後遺障害は以下のような種類があります。

1.眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

2.三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

3.一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

4.上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

5.下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

6.一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの

7.一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

8.一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの

9.局部に神経症状を残すもの


以上9つの条件のうち1つでも当てはまる症状があれば、後遺障害14級認定となるのです
この中でむちうちなど、後遺障害等級認定でトラブルとなりやすいものに9つめの「局部に神経症状を残すもの」が挙げられます

しかし、正直にこの内容をみてもあなたは、ちんぷんかんぷんで
内容が抽象的すぎると思われたかもしれませんね。


今回はお話しする内容はこのなかでも9番目の局部に神経症状を残すもの
について説明したいと思います。

この14級9号の後遺障害については、】目に見えにくいことや
明確な医学的所見がないなどの被害者が多く、交通事故との因果関係を
否定され後遺障害非該当、認定されないといったケースが多いのです。

私も痛みやしびれ、日常生活の支障を訴えている交通事故の被害者などを
たくさんみてきました。

そのような方は、ほんとうに私も心が痛みます。
もっと早く私に相談してくれたらなど度思うこともしばしばです。



■後遺障害14級の後遺障害慰謝料は最大で3.5倍になるケースとは

後遺障害では、入通院慰謝料のほかに後遺障害慰謝料というものがあります。

慰謝料は、怪我に対する苦痛に対して補償するお金になります。

後遺障害慰謝料というのは、後遺障害が残ったことによる
慰謝料になります。後遺障害が残ったということは
将来的にも怪我による痛みや生活への支障が継続するので
その補償として支払われるものになります。
一般的に保険会社が初回に提示する金額は非常に低額のものて
後遺障害慰謝料として低い可能性が高いです。

イメージでできたでしょうか?



■保険会社の基準は非公開、 裁判基準より低い可能性が高い

ここでいう保険会社は任意保険会社と呼ばれるものです。
あなたが事故の被害に遭い連絡をとっている加害者の保険会社のことになります。


慰謝料の場合、保険会社は基準額を明らかにしていません。
被害者に適正な慰謝料が支払われているか、わからないという問題があります。
一般的に保険会社の基準は裁判所基準よりも低い、自賠責保険の上限と同じ金額か
もう少し高い程度であるといわれています。



■裁判基準による後遺障害14級の慰謝料は110万

裁判所は、過去の先例の集積から、交通事故の被害の損害賠償金額について
一定の目安をもっています。

そのような目安のことを裁判所基準といいます。これは日弁連の発行している『民事交通事故訴訟 
損害賠償算定基準』(いわゆる・赤い本)に記載されています。
この赤い本では14級の後遺障害慰謝料額は110万円とされています。

自賠責基準と裁判基準では、3.5倍くらいの慰謝料の差があることがわかりました。
最低基準と最高基準の差額が非常に大きいため、後遺障害等級認定は、
一番低い14級といえどもこのような差が生まれるのです。
妥当な保障額が100万円単位で変わる可能性がある大切な診断ですから、
等級認定がいかに重要か少しはわかっていただけたかなと思います。
必要に応じて専門家への相談をおすすめします


■目に見えにくい後遺障害14級について


後遺障害14級における認定されにくい症状に「むち打ち」があります。
症状には、首の痛みや手のしびれ、肩の凝り、肩の痛みなどがあります。

むち打ちという呼び方は、俗称で本当に医学的な傷病名ではありません。



医学的にはどのような症状になるのかしっておきましょう。
また、自覚症状はなく、見つけにくい症状もあります。

目に見えにくい後遺障害について解説したいと思います。


■むち打ち

交通事故での怪我でもっとも多いものになります。交通事故における車の急停止や追突などにより
首がむち打つようにしなり、痛みを引き起こした状態をいいます。この症状に正式な傷病名はなく
「頸椎捻挫」や「外傷性頸部症候群」などど呼ばれています。


このむち打ち症上のなかでも
5つに大きく分類することができます。

・頸椎捻挫

代表的な症状について

頭痛や首や肩の痛み、首の運動制限


頚椎の周りの筋肉や靭帯を損傷している状態です。
首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすことであらわれることが多いです。
痛みが強い場合、首や肩の動き(可動範囲)が制限されてしまうことなどもあります。


・神経根症状

代表的な症状

首の痛み・肩から首にかけての痛み・知覚障害・シビレ・脱力(身体に力が入らない状態)

 

頚椎に歪みが出て、神経が圧迫されることが原因で首や後頭部に痛みが出る
その他、手や腕にシビレやだるさ、顔面麻痺などの症状があらわれます。
くしゃみをして一時的に強い負荷が首にかかる、肩や首を回転させたり、
一定方向へ引っ張ったりすることで、痛みが強くなる特徴があります。
MRIなどで神経根の圧迫を確認できる可能性あり

・バレリュー症状型

代表的な症状

頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・難聴

 

別 名「後部交感神経症候群」とも呼ばれています。
交感神経と副交感神経から成り立っている「自律神経」を損傷し、耳鳴りや頭痛、
めまい、吐き気などの症状が あらわれると考えられています。
むちうちには関係のないと思われがちな、吐き気、めまいなどの症状が出るのが特徴です。

 


・脊髄症状型

代表的な症状

手(腕)足のシビレや痛み・排泄がしにくい

 

頚椎には、頚椎を支える柱の役割を担う脊柱管という管があります。
この管に脊髄が通っています。この脊髄が傷つく他、脊髄から足に向かって伸びている神経が損傷し、
足のシビレなどを引き起こすものです。重度の場合、歩行障害のほか、尿や便が出にくくなる膀胱障害、直腸障害が出ることがあります。


・脳脊髄液減少症

代表的な症状

頭痛・めまい・耳鳴り・倦怠感

 

事故などの衝撃で一時的に髄液圧が急上昇したことが原因で、脳脊髄液(髄液)がくも膜下から漏れている状態です。
症状はさまざまですが、はじめの症状では頭痛がみられることが多くあります。
気圧変動にも左右されることがあります。また慢性的なだるさなども、脳脊髄液減少症の可能性があります。


医師にきちんと自覚症状を伝えることが大事です。
事故前と事故後の症状の違いをきちんと説明し
医師のカルテなり診断書なりに記載してもらいましょう


 後遺障害14級認定の可能性がある高次脳機能障害
 

交通事故の後遺障害で最も損傷が確認しにくいと考えられている後遺障害、高次脳機能障害です。
これは交通事故によって脳の一部に損傷が出てしまうもので、記憶障害や注意障害、社会的行動障害を引き起こしてしまう。
特徴に「本人には変わったという自覚がなく、画像診断でも軽度、中度のものは発見できない」ことが多いため、見逃して
しまう例もあります。

 

治療を終え、仕事に復帰してから判明するケースも多く、事故後に明らかに仕事のミスが増えた、感情の抑制が効かなくなった
などの症状が露見するものです。
症状は、周囲の人が違和感を覚えるまでの人格の変化から簡単なミスや忘れ物が多くなるなど、さまざまです。

 

しかし人格の変化や感情的になりやすいなど、他人から指摘しにくい症状が出てしまい、
その症状を本人は一切自覚できないことは、高次脳機能障害を「隠れた後遺障害」にしてしまう大きな原因です。

高次脳機能障害によくある症状については、「高次脳機能障害によくある症状と知っておくべき注意点」の記事を参照してください。

 2001年に後遺障害に認定

高次脳機能障害は、まだ世間的な認知度も低く、また交通事故の後遺障害に加えられたのは2001年のことです。
そのため、リハビリ施設や生活支援に関する法律も整っていないのが現状です。交通事故の後遺障害では、14級でも
軽度の高次脳機能障害があることを認めている。

後遺障害は後から再請求を行うことも可能なので、社会復帰後に「急にうまくいかなくなった」と感じたら、
まずは医師に相談し、MRIなどの画像診断を行ってもらいましょう。また、家族や友人が交通事故にあってしまった場合など、
事故後の被害者の変化に注意してみましょう。

 

交通事故後に被害者が感情的になりやすかったり、忘れっぽくなったと感じたら、出来る限り早く病院で画像診断を行って
もらいましょう。高次脳機能障害は自覚症状がないため、周囲の人たちの「違和感」も早期発見のカギになります。

 自賠責損害調査事務所の高次脳機能障害診断基準

自賠責損害調査事務所では、以下の5つのうち1つでも当てはまるものがあれば、高次脳機能障害の審査対応を行うとしている。

1.初診日に頭部外傷の診断があったこと

2.頭部外傷後、6時間以上の重たい意識障害、もしくは1週間以上軽度の意識障害が継続していたこと

3.診断書に「高次脳機能障害」、「脳挫傷」、「びまん性軸索損害」等の記載があること

4.診断書に高次脳機能障害を示す「典型的な症状の記載」があること
 知能検査や記憶検査などの神経心理学的検査で明らかな異常がみられること

5.頭部画像上、初診時の脳外傷は明らかで少なくとも3ヶ月以内に脳室拡大や脳萎縮が確認されたこと


この5つの条件のうち、1つでも当てはまれば、「高次脳機能障害の可能性がある」として、後遺障害等級の審査対象となる。

ただこれらの条件は、「等級に認定される条件」ではなく、「認定の審査対象となる条件」です。高次脳機能障害は、
軽度、中度の場合、画像で明確になるケースが少ないことが非常に大きな問題です。
専門家の知識を借り慰謝料の請求を行うことをおすすめします。

 後遺障害14級の非該当になる4つの原因

後遺障害では、本来ならば14級の等級認定が出来るはずなのに、審査で「非該当」と判断されてしまうことがあります。
この「非該当」と診断が出やすくなってしまう条件は4つあります。

 事故が軽微であった場合

交通事故としては非常にラッキーなケースですが、事故が軽微だった場合には、
「その程度の事故でそのように大きな被害が出るはずがない」という判断から、非該当と評価されることがあります。

例えば、追突されたスピードが低速度だった場合や、被害者の車体に大きな凹み等がなく、「小規模な交通事故だった」
と判断される場合が、これに該当します。そのため、事故車の写真は現場で警察に任せるのでなく、
自分自身で車体の傷や凹みをしっかりと撮影し、記録に残しておく事は必須だと言える。また、そのような事故により
そのような負傷に至る経緯を明確に説明できることも大切です。

 通院実績が乏しい

「忙しくて通院が出来なかった」場合であっても、通院実績がない場合には「通院する必要がなかった」と評価されて
しまいます。そのため、通院は月1回程度であるなど通院がわずかである場合、「症状は通院する必要がない軽微のものだった」
と診断されることがあります。

交通事故でストレスは多いと思いますが、少なくとも週に1回程度は通院し、「自分には治療する必要があった」ことを
明確化しましょう。

 症状に一貫性や連続性が見られない

後遺障害は等級に限らず、「一貫し、かつ連続した所見があること」が条件です。
訴えている痛みの部位や内容が一貫しない、一度回復した後に痛みが再発したなど、症状に一貫した所見がないもの、
継続していない症状は、事故によるものではないと評価されることがあります。

回復の程度は人それぞれであり、調子がいい日もあれば悪い日もあるのが通常です。
そのため、たまたま診断日に調子が良い場合であっても、安易に「もう大丈夫、調子がいい」などと
発言してしまうことは危険です。
医師に対して自身の症状を伝えるときには、調子が良い日の症状だけでなく、調子が悪い日の症状も含めて、
正しく伝えなければならない。

 重篤な症状でない、常時性のある症状ではない

後遺障害の条件は、「常時、後遺症の症状がそれなりにあること」です。怠いだけ、ちょっと張った感じが抜けない
というが場合には「重篤性がない」と判断される。また、雨が降ると痛いなどの場合「連続性のある症状」とは言えない。


これらの場合、後遺障害と認められないケースがあります。「しびれている」「痛みがある」など、できるだけ具体的に
医師に症状を伝えましょう。ただし、重篤性や連蔵性に「虚偽の申告」を行うことは絶対にしてはいけません。

 治る見込みはないこと、外傷性に起因することを名言してもらおう

書類審査主義の後遺障害審査の場合、医師の診断書は大きな判断材料になります。
しかし、医師は「後遺障害に認定されるために診断書を作成する」わけではありません。
しかし、後遺障害とは「交通事故を起因とした、治る見込みはないと医師が判断した症状」を指しています。

診断書の書き方ひとつで、14級の後遺障害審査に通らなくなることも事実です。
そのため、担当の医師との信頼関係を構築し、これを維持するには、適正な障害認定を取得するために
極めて重要と言えます。また、医師との信頼関係は、被害者本人の治療に対する姿勢にも影響が出ています。
治療に対する姿勢が消極的という評価は、当然後々マイナスとなります。

従って、不安や疑問点は全て話して、十分なコミュニケーションを取りつつ、医師の薦める治療には、
積極的に取り組むなど、医師との信頼関係の構築に努めるべきだと言える。
なお、後遺障害等級の認定のためと言っても、医師にどのような点を確認すれば良いのか分からないという場合には、
専門家である弁護士や行政書士を積極的に利用することを検討してください。

医師と患者の間に専門家である第三者を通すことで、このような相談がスムーズになるケースもあります。
不安がある場合、まずは相談することをおすすめします。

 後遺障害14級認定を取る5つの条件

後遺障害と認められるためには5つの条件があります。
この条件を見たし、更に、診断書や資料で、「後遺障害だと証明できるもの」があれば、
後遺障害等級14級を認定してもらうことが可能です。

1.事故状況と、「患者(被害者)が医師に申告する症状」と程度は一致していること

2.事故当初から、医療機関への定期的な通院を続けていること

3.事故当初から、患者(被害者)の訴える症状が続いており、かつその症状には一貫性がある
 (痛みの回復、再発でない)こと

4.症状が重たいと認められ、かつ日常生活において継続している(日常で慢性的に症状が出ていること)
 と認められていること

5.症状にズレや矛盾がない、他覚的所見(第三者が確認できる画像診断結果や検査結果など)があること


つまり、先ほどの「非該当になりやすい4つの条件は全て覆され、他覚的所見があること」で、
後遺障害14級は認定されるということです。
他覚的所見とは、画像診断の結果や検査結果など、第三者から明らかに異常を確認できるものを指す。

他覚的所見がない場合でも、4つの条件が認められていれば認定されるケースもありますが、
より14級の認定を受けやすくするためには、画像診断や検査結果という「証拠」がある方が良いのです。


































092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

1

« 2016年3月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ