HOME > ブログ > アーカイブ > 醜状障害

ブログ 醜状障害

醜状障害について

醜状障害と障害等級
 1)障害等級表においては、次のとおり外貌の醜状について、3段階に区分して等級等級が定められており、上肢及び下肢の露出面の醜状については、それぞれ1等級のみが定められています。

区分  等級  障害の程度  
外貌  第7級の12
 第9級の11の2
 第12級の14   外貌に著しい醜状をのこすもの
外貌に相当程度の醜状を残すもの
外貌に醜状を残すもの
上・下肢  第14級の3
 第14級の4  上肢の露出面に手のひらの大きさの醜い跡を残すもの
下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの  
外貌及び露出面以外の部分の醜状障害(以下「露出面以外の醜状障害という」については、障害等級表上定めがないので、労災規則14条第4項により、準用等級を定めることとなる。


男女差について
外貌障害に係る不利益は、男性であっても女性と同様に生じること、外貌障害が影響する事
職種は男女を問わず多方面におよぶこと、
これらを踏まえること、拳固プの情勢の障害東京を基本としつつ、性別に関わりなく
障害等級を規定する方向で改正を行うことが妥当であると結論しています。



醜状痕
外貌の醜状とは、他人をして醜いと思わせる程度、つまり、人目につく程度以上のもので、
瘢痕、線状痕、組織陥没、色素沈着による黒褐色の変色、色素脱失による白斑等々が
考えられます。
なお、眉毛、頭髪で隠れる部分については、醜状として取り扱われません。


○外貌に著しい醜状を残すもの
外貌の著しい醜状とは、頭部では手のひら大以上の疵痕が残ったとき、頭蓋骨に手のひら
大以上の欠損が残ったときを言います。手のひらとは、指の部分を除いた手の面積で、大小
の違いがありますが、この場合は被害者の手のひらの大きさと考えてください。

顔面部では、鶏卵大以上の疵痕・5㎝以上の線状痕、10円硬貨大以上の窪みが残った場合、
7級に該当します。耳殻軟骨部の2分の1以上の欠損、鼻軟骨部の大部分を欠損した場合も
著しい醜状に該当します。

①7級12号は5㎝以上?
顔面に5㎝以上の線状痕を残すと、等級は7級、自賠責保険からの振込額は1051万円です。
肩関節の機能を用廃しても8級6号で819万円、1耳の聴力を全く失っても9級9剛で、
616万円に過ぎません。
男性で、片側の睾丸を失う? 泣きそうになりますが、11級10号で331万円です。

したがって、後遺障害を検討する段階になると、この金額の大きさに目を奪われます。
しかし、逆に考えると4.9㎝は12級で224万円、2.9㎝に至っては非該当で金銭的な評価は
0円です。
大方の被害者は嘆き悲しみ、美容形成を急ぐのですが、医大系の形成外科は、醜状の安定を
待ってからでないと治療を開始することはなく、そして、損得勘定においても大きく間違って
いるのです。

②いつ申請できるのか?
申請は創面癒着後6ヶ月とされていますから、縫合したときは、抜糸をしてから6ヶ月後と
なります。私は、6ヶ月を経過すれば、他に骨折で治療中であっても、顔面の醜状痕だけは
症状固定とすべきとの考えで、これまで対応を続けてきています。

保険屋さんは、全部まとめてとのたまいますが、そんなこと構っておられません。
創・切傷は、時間の経過とともに、わずかではありますが、収縮をしていくのです。
すべての傷病の症状を待っていれば、⒋7㎝になり兼ねないのです。
5㎝以上あったものが2㎝になるとか、消えてなくなることはあり得ません。
大方は、⒋7〜⒋5㎝で、見た目は前と変わらないのに、評価だけがダダ下がるのです。

大半の被害者は、顔面の醜状を気にするあまり、美容形成で形成術を急ぎます。
事故が原因の醜状痕に対する形成術は、医大系総合病院の形成外科が引き受けます。
入院を伴う手術であっても、健康保険が使えますから、高額療養費の支給を申請を
すれば、患者負担分が7万円を超えることは、まず、ありません。

総合病院の形成外科は形成術を行うにしても、ほとんどが受傷後6〜8ヶ月は創の
安定を待ちます。
つまりそんなに急いで手術はしないのです。

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

1

« 所長の日記 | メインページ | アーカイブ | 高次脳機能障害 »

このページのトップへ