HOME > ブログ > アーカイブ > 交通事故の後遺障害について

ブログ 交通事故の後遺障害について

交通事故の被害に遭った時に 200万単位で損しないために 必ず知っておきたい3つのことをシェア

交通事故の被害に遭った時に
200万単位で損しないために
必ず知っておきたい3つのことをシェア
 
こんにちは、松尾です。
 
まず初めに交通事故の被害に遭った時に
必ず知っておかなければ200万単位で
損してしまう可能性があることについてお話しします。
 
信じられないと思いますが、
少しづつ説明していきますので
最後まで読むと納得できるかと思います。
 
 
なぜあなたは、この情報を
今知る必要があるのでしょうか
 
 
理由は、交通事故の場合、
時間がキーポイントになる
 
 
交通事故の被害に遭ってから
最初が特に重要なのです。
 
ここを甘く見ると後々
200万単位であなたのもらうべき
慰謝料がもらえなくなる可能性があるのです
 
あなたが今、交通事故の被害に遭ってないとしても
知っておくことはとても大事ですし、
あなたの大切なご家族はもちろん、
 
友人、知人などにも
 
教えてあげてください。
後からとても感謝されるはずです。
 
200万単位と書きましたが
場合によっては
500万くらい損してしまうケースもあります。
 
 
そんなはずはない嘘だ!
 
 
と思われるかもしれませんが
少しづつ説明していきますね。
 
 
 
200万単位という金額は
本当に馬鹿にできません。
 
示談した後の一番大事な
交通事故の怪我の治療にあてることができます。
 
 
他にも、
これだけのお金があれば
借金がある人はすぐに返すことができますし、
海外旅行の費用にもあてることができます。
 
 
あなたの好きな車の頭金だってできます。
あなたは自由な時間を手に入れることも
できるかもしれません。
 
事業資金として使えば失敗するリスクも
減らすことができるかもしれません。
 
奥さんや恋人何かプレゼントすれば
ラブラブにもなって本当に幸せになります。
 
友人などと美味しい寿司や焼き肉だって
食べに行くことも可能なのです。
 
あなたは、これがきっかけで
友人たちの間で人気者になれるかもしれません
 
だから本当に真剣に読んでほしいです。
私はあなたに、ただ損してほしくないのです。
 
もちろん、交通事故の被害に遭った時に
私に相談してほしいから記事をかいていますが、
相談に来た方で本当に手遅れの方が多いです。
 
 
だから記事にかいて少しでも先に知ってもらおうと
記事に書いているのです。
 
大事なのでもう一度言うと、
知らないだけで、損してほしくないのです。
 
知らないと手遅れになるのです。
 
 
通事故の被害者で取り返しがつかず、
痛みに苦しみ泣いている人たち
相談をたくさん受けたので
私は、知っているのです。
 
では、いきますね
集中して読み進めてください
 
  • ==================
交通事故の被害に遭ってまず大事なのは
最初の診断です。
===================
 
事故の遭った日に
病院に行くのが一番よいのですが
どうしてもいけない場合などは、
最低でも3日以内に病院で医師の診断を受けてください。
 
ここで勘違いされる方がいますが
整骨院、接骨院ではなく、
医師のいる病院です。
 
整骨院の柔道整復師の先生には
診断権がありませんので
必ず病院で医師の診断を受けてください。
 
この医師の診断が、例えば
事故に遭って7日後とかになると
 
事故と怪我との因果関係を否定
 
保険会社に事故と怪我との因果関係を
否定されてしまう恐れがでてくるのです。
事故と怪我との因果関係を否定
とはどういうことかと言いますと
 
わかりやすく言えば、
事故によって怪我としたどうかわかりませんよ
 
だから治療費は、支払ません
ご自身で払ってくださいね
 
と言われてしまう可能性がででくるのです。
こうなるとかなり大変になってしまいます。
 
いくら弁護士の先生に駆け込んでも
事故と怪我との因果関係を
立証するのは困難なのです。
 
  • ==================
次に
事故に遭って病院に行きました。
 
あなたは怪我した部位や
症状を正確に伝える
必要があるのです。
 
さらにレントゲンなどの各種
 必要な検査をしてもらいましょう。
=====================
例えば、
一番痛いのが首で、
 
少しだけ腰、そして足
だとします。
 
しかしあなたは、腰と足は
たいしたことないし
首だけ医師に伝えておけば
よいかとと思って他の腰や足に
ついては、なにも伝えませんでした。
 
このようなケースだと
医師は首だけ怪我したとして
首の怪我の傷病名だけ
記載した診断書を発行します。
 
 
そして10日ほど経過して
 
やっぱり腰と足も痛くなってきた
ので医師に伝えてると医師はそうですか
と一応診断してくれるかもしれません。
 
しかしここで問題がでてくる可能性があります。
 
保険会社から
腰と足は事故の怪我か不明ですので
そちらの治療費はお支払いできません
 
 このようになる可能性がでてきます。
 
 
また、後々腰と足に後遺症が残ったとしても
そこでも事故と怪我との因果関係を否定されて
後遺障害認定されない という結果にもなってしまうのです。
 
  • ===================
次に大事なのが、
通院の仕方です。
======================
 
最近、特に多いのが
交通事故専門の整骨院、接骨院に
通院する人です
 
整骨院や、接骨院に通院するのは、
良いのですが、そこで重要なのが
 
必ず最低でも月に1回は、
 診断権のある医師がいる病院に
通院して、診察を定期的に受けてください
 
よく、仕事が忙しくていけない
という方がいらっしゃいますが、
 
1か月に1回は、会社に行って時間を
もらってでも病院に行って診察を受けてください
 
交通事故の場合通院
何より重要なのです。
 
できれば週に1回は、病院に行っていただきたいです。
 
理由は、後々、後遺症などの問題が起こった時に
病院の医師に後遺障害診断書というのを
記載してもわらなければなりません。
 
それが医師の診察を月に1回もうけてない方は
記載してもらうのがとても厳しくなります。
 
 
後遺障害非該当
 
 
たとえ記載してもらったとしても
定期的な病院の通院がなければ
後遺障害認定されなくなる可能性が高いです。
 
これは、後遺障害認定の基準が
 いろいろとあるのですがその基準として
有効な治療をきちんとしていたかといものがあります。
 
これは、残念なことに
整骨院や、接骨院での治療だけでは、
有効な治療だと認められていないのです。
 
必ず病院の治療、薬、リハビリを
受けていることが必要になるのです。
 
 
 
 
 後遺障害認定されないと
 どれくらい損害を受けると思いますか?
 
後遺障害非該当で200万単位の損害確定!
 
35歳男性年収360万のひとの場合
 
いちばん低い
14級9号の神経症状の
後遺障害だとして
 およそ、180万前後(裁判所基準での計算した場合)
 
12級13号だと
600万前後近く(裁判所基準での計算した場合)
 
違います。
 
これが認定されないとすると
0円なのです。
 
これが後遺障害認定された場合の
損害賠償額と後遺障害認定されない時の
賠償額の違いとなるのです。
 
他にもたくさんあるのですが
長くなりましたのでお話はまたにしたいと思いますが、
もう少し詳しく知りたい方は、続きはこちら
↓↓
http://matsuogyousei.net/lp/lp1512/
 
 
 
 

交通事故の被害に遭って200万単位で損しないためにっておきたい3つのこと

交通事故の被害に遭って200万単位で損しないためにっておきたい3つのこと

jiko.pdf

交通事故の後遺障害とは

適正な慰謝料を得るために知るべきこと 福岡市博多区の後遺障害認定専門行政書士

交通事故に遭い、後遺障害(後遺症)になってしまった際、今後の生活に大きな影響を与えることになります。
もし歩けなくなっえしまったり、仕事が思うようにできなくなってしまった場合、被害者はどうやって生活していけばいいのでしょうか


警察庁のの調べによると、平成27年の3月中に発生しtた交通事故は47850件、うち、死亡した交通事故の件数は313件、負傷者の人数は58,984人
(確定)と発表しており、2009年より交通事故の圧政件数及び負傷者数は減少しているものの、死亡事故件数及び交通事故が原因による
後遺障害者件数は増加しており、人身損失額及び物的損失額の合計、すなわち交通事故による交通事故の経済的損失額は、年間3兆2069億円にのぼり、
以前として高水準であるとされています。






交通事故に遭遇し、交通事故が原因で後遺障害となる人が5%(20人に1一人)という現状を踏まえると、あなたが、
交通事故に遭い、後遺障害となる可能性は決して低くありません。さらにあなたのご家族や親せき、友人などの知り合いの方が
交通事故被害に遭い、後遺障害になるようなお怪我をされる確率となればかなり高いことになります。そこで今回は、交通事故の後遺障害における
「キーポイント」、「認定を受けるために条件」「判例」などを参考に【交通事故の後遺障害」を詳細に紹介したいと思います。



後遺障害の慰謝料獲得や増額は弁護士はもちろん、私のような交通事故を専門にしている行政書士などへの依頼が必須です。


後遺障害となった際に請求できる後遺障害慰謝料は、弁護士特有のの「裁判所基準」で請求することで、自賠責を大きく超える、
大幅な慰謝料の増額が見込めます。

14級慰謝料は自賠責基準で32万円

裁判所基準だと110万円

後遺障害による慰謝料の獲得をしたい、できれば適正な慰謝料を請求したいと考えているのであれば、専門家へ適正な慰謝料が
いくらになるのかを相談することが可能です

                 
                        
後遺障害慰謝料の増額が得意な専門家を探す





092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

1

« 下肢の後遺障害について | メインページ | アーカイブ | 判例集 »

このページのトップへ