HOME > ブログ > 所長の日記 > 交通事故による受傷で健康保険証を使用した方が良い例

ブログ

< 交通事故 加害者 診断書             福岡の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所  |  一覧へ戻る  |  自賠責保険より高い等級や喪失率を認定された例 >

交通事故による受傷で健康保険証を使用した方が良い例

1.交通事故による受傷と健康保険の使用

ア.交通事故による受傷の診療に健康保険を使用できるのでしょうか

 健康保険(サラリーマン等の加入している健康保険だけでなく,国民健康保険,公務員共済及び船員保険を含む広い意味での健康保険をいいます)は,被保険者の疾病,負傷,出産または死亡に関して必要な保険給付を行うことを目的とする制度ですので,負傷や死亡の原因が交通事故であったとしても,日常生活上のケガや病気の場合と同様に,健康保険を使用して,医師の診療を受けることができます。

 厚労省(旧厚生省の時代)からも,交通事故診療に健康保険を使用できるとの見解が表明されており,「最近,自動車による保険事故については,保険給付が行われないとの誤解が被保険者等の一部にあるようであるが,いうまでもなく,自動車による保険事故も一般の保険事故と何ら変りがなく,保険給付の対象となるものであるので,この点について誤解のないよう住民,医療機関等に周知を図るとともに,保険者が被保険者に対して十分理解させるよう指導されたい。」との通達がなされています(1968年10月12日保険発第106号)。

※なお,業務または公務上の事故や,通勤中の事故等,労災保険法や公務員災害補償法の適用がある事故については除きます(健康保険法55条・国家公務員共済組合法60条・地方公務員等共済組合法62条)。

 旧厚生省も指摘するように,交通事故診療には健康保険が使用できないとの誤解が社会一般で生じていました。そのため,現在でも,医療機関から「健康保険は使用できない」という説明を受ける場合がありますが,健康保険を使用しての診療(保険診療),使用しない診療(自由診療)のどちらで治療を受けるかは,事故被害者の方が選択することができます。

イ.保険診療と自由診療との違い

 では保険診療と自由診療にはどのような違いがあるのでしょうか。

 健康保険を使用して診療を受けた場合,受診者は,窓口で治療費の3割(自己負担分)を支払う必要がありますが,残りの7割は健康保険が医療機関に対して支払ってくれます。また保険診療の場合,診療報酬の点数単価は1点10円と計算されます。

 他方,自由診療の場合には,受診者が治療費の全額を負担する必要があり(原則として加害者の保険会社が治療費を負担します),治療費は医療機関の裁量で決定することができるとされています。健康保険を使用した場合の数倍となることもあります(自由診療の点数単価=1点10円~30円程度)。

 なお,日本医師会は損保業界団体との協議により,交通事故の場合の自由診療については,労災保険を使用した場合と同等の1点12円という診療報酬基準を設定しましたが,この基準には強制力がないため,診療報酬を12円以上としている医療機関も存在しています。

ウ.交通事故で健康保険を使用するメリット

 交通事故の被害者の方の立場からすれば,「診療費が倍であろうと,治療費と全額負担であろうと,加害者の保険会社に請求できるのだから,健康保険を使用しなくてもいいのでは?」とお考えになるかもしれません。むしろ,自身の健康保険を使用することに抵抗を覚える被害者の方のほうが多いかもしれません。

 しかし,つぎのケースにおいては,被害者の方が受け取る賠償金額に影響を与える可能性があるため,健康保険を使用するメリットがあります。

※被害者の方が健康保険証を医療機関の窓口に提示するまでは,自由診療で精算されます。健康保険の使用を申告すると,初診日に遡って健康保険で精算してくれる医療機関もありますので,早めに健康保険の使用を申し入れるようにしてください。

I.診療に健康保険を使用した場合のメリット

  • 1)自賠責保険は,被害者1名についての支払保険金限度額を120万円(傷害)としていますが,自由診療の診療報酬は高額ですので,120万円で賄いきれない場合も少なくありません。この場合,加害者が任意保険に加入していなかったり,資力がなかったりすると,超過分は被害者負担となってしまいます。
     保険診療であれば,診療報酬は低く抑えることができる上に,7割は健康保険が負担してくれますので,自賠責保険の120万円の枠を有効に利用することができます(窓口3割負担分を自賠責に請求し,その残った枠を,違う損害の填補に充てられるということです)。
  • 2)自由診療では窓口で負担した治療費10割が損害として計上されるため,治療費全額に対して過失相殺がなされますが,保険診療では窓口負担分のみが損害として計上されますので,窓口負担分3割に対してのみ過失相殺がなされます。
     したがって,被害者の過失割合が大きい場合,保険診療のほうが,過失相殺の影響を受けづらいため,結果的に被害者の受け取ることのできる保険金額は増えることになります。

II.具体例 ※被害者の過失割合を20%(40%)とする。

  健康保険を使用しない場合 健康保険を使用した場合
治療費(a) 200万円(全額負担+2倍の診療報酬) 30万円(窓口負担3割分)
入通院慰謝料(b) 40万円 40万円
休業損害(c) 60万円 60万円
損害合計金額
(a)+(b)+(c)
300万円 130万円
損害賠償額(d)
(受取保険金額)
被害者の過失20%の場合
300万円×(1-0.2)=240万円
被害者の過失40%の場合
300万円×(1-0.4)=180万円
被害者の過失20%の場合
130万円×(1-0.2)=104万円被害者の過失40%の場合
130万円×(1-0.4)=78万円
病院に支払う金額(a) 200万円 30万円
被害者の受領金額
(d)-(a)
被害者の過失20%の場合
40万円
被害者の過失40%の場合
-20万円
被害者過失20%の場合
74万円
被害者過失40%の場合
48万円

表の中身を説明しますと,

1)被害者が健康保険を使用しない場合には,

 被害者は治療費として200万円を支払うことになりますので(全額負担+保険診療の2倍の診療報酬),その他の損害を併せますと,被害者の損害額は合計300万円となります。

 そして被害者がこの300万円を保険会社に請求すると,300万円全体に対し20%(40%)の過失相殺がなされますので,被害者の受け取ることのできる保険金額は,300万円の80%(60%)である240万円(180万円)となります。

 そうしますと,被害者は,すでに200万円を病院に支払っていますので,被害者の手元に残る金額は,結果として,40万円(-20万円)となります。

2)被害者が健康保険を使用した場合には,

 被害者は治療費として30万円を支払うにとどまりますので(窓口3割負担+通常の診療報酬),その他の損害を併せますと,被害者の損害額は合計130万円となります。

 そして被害者がこの130万円を保険会社に請求すると,130万円に対して20%(40%)の過失相殺がなされますので,被害者の受け取ることのできる保険金額は,130万円の80%(60%)である104万円(78万円)となります。

 そうしますと,被害者は,すでに30万円を病院に支払っていますので,被害者の手元に残る金額は,結果として,74万円(48万円)となり,健康保険を使用しなかった場合よりも,手元に残る金額が大きくなります。

2.健康保険の給付内容(交通事故に関係するもののみ抜粋)

ア.療養の給付

 被保険者が病気やけがをしたときに,健康保険で治療を受けることができますが,これを療養の給付といいます。

※給付される療養の範囲

  • 1)診察
  • 2)薬剤または治療材料の支給
  • 3)処置・手術その他の治療
  • 4)居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の看護
  • 5)病院・診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護

イ.傷病手当金

 傷病手当金は,被保険者が病気やけがのために労働することができず,その期間,賃金が減額されまたは受け取ることができなかった場合に,支給される金銭です。

 傷病手当では,休業4日目を起算点として,労働することができなかった期間について,1日あたり標準報酬日額の3分の2に相当する金額が支払われます。なお,支給期間は1年6ヶ月が限度となっています。

※国民健康保険では,傷病手当金の支給は,任意給付(各自治体が条例等を設けることで給付することができる=義務ではない)となっています。

ウ.療養費

 療養費は,被保険者が,保険診療を受けることが困難であったり,またはやむを得ない事情により保険医療機関等以外で保険診療を受けたことにより,診療費を全額自費で支払った場合に,診療費の一部として健康保険から支給される金銭です。

※療養費が支払われる場合の例

  • 資格取得届の手続が遅れ,自費で診療を受けた場合
  • 療養のため,医師の指示により,コルセット等の治療用装具を装着した場合
  • 海外で病気等になり,現地で治療を受けた場合
  • 急病によりやむを得ず保険医療機関以外の病院で治療を受けた場合
  • 柔道整復師またはしん灸師等の施術を受けた場合
  • 生血液の輸血を受けた場合

エ.埋葬料

 埋葬料は,被保険者が死亡したときに,被保険者により生計を維持していた者(扶養でなくてもよい)であって,埋葬を行う人に対して支給される金銭です。
 第三者が被保険者の埋葬を行った場合には,埋葬料の額の範囲内で,埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。

オ.移送費

 移送費は,被保険者が療養の給付を受けるために,病院または診療所に移送された場合に,移送に必要な費用として支給される金銭です。

3.健康保険の使い方

ア.医療機関に対する申入れ

 交通事故後,医療機関において診療を受ける場合には,まず医療機関に対し,診療に健康保険を使用したい旨を明確に申し出ましょう。とある損害保険協議会では,健康保険証を提示しただけでは単なる身分氏名を確認する意味しかないと考えていますので,明確な意思表示をすることだけは忘れないようにしてください。

 初診時に提示できなかった場合でも,初診からの健康保険対応を認めてくれる医療機関もありますので,被保険者証を提示できる状況になり次第,早期に申し出をするようにしてください。

イ.保険者への届出

 交通事故の場合に限らず,第三者の行為によって受傷した被害者が健康保険を使用して診療を受けるには,被害者の加入している健康保険の保険者に対し,第三者行為による傷病届等,保険者所定の書類を提出する必要があります。

 これは,交通事故のように,第三者の行為によって損害を受けた場合には,被害者は第三者に対して損害賠償請求権を取得するとともに,健康保険に対しても給付請求権を取得することとなりますが,同一の事由による損害について,健康保険と加害者から重複して損害の填補を受けることができるとすれば,損害賠償の二重取りを認めることになること,及び,健康保険は,本来不法行為者である加害者が負担すべき治療費を一時的に立替払いしているにすぎず,最終的には加害者が治療費を負担することを予定しているものであること(健康保険法57条等)から,適正な保険給付を可能にするために,保険者が被保険者に要求しているものです。

 保険者所定の書類としては,第三者行為による傷病届・念書・事故証明書・事故発生状況報告書・納付誓約書等がありますが,事故後直ちに提出する必要まではなく,とりあえず口頭(電話でもOK)で保険者に届け出ておき,後日正式な書類を提出すれば問題ありません。


カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

< 交通事故 加害者 診断書             福岡の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所  |  一覧へ戻る  |  自賠責保険より高い等級や喪失率を認定された例 >

同じカテゴリの記事

交通事故 加害者 診断書             福岡の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所



【交通事故 加害者の診断書について】




交通事故の場合、自分が過失が大きな
加害者となる場合もあります。


そのような場合について今回は説明したいと思います。



自分の過失が大きい場合に怪我をしてしまった場合


この場合ももちろん、

交通事故を起こしてから3日以内に
病院に行き医師に診察をしてもらい
診断書を発行してもらわなければなりません。


診断書を発行してもらい警察に持って行くのです。


ここで誰が治療費を払うのかなのですが、


今回のケースについて仮に加害者の過失70%相手が30%
であったとします。




加害者の場合は相手の自賠責保険に
治療費を請求できるのですが、加害者の過失が70%あります。

本来、自賠責保険では120万円の傷害に関する保険金の限度額があります。


今回の場合は、加害者に70%過失がありますので
2割減額とない120万×0.8=96万円の限度で治療費や
慰謝料などが支払われます。


仮に限度額96万円以上の損害が出た場合は
自賠責保険金ではし払えないことになります。



そこで、自分の自動車保険に人身傷害保険というものに
入っている場合には足りない部分を自分の保険で
まかなうのです。





もしも自分の保険がない場合には
自賠責保険への自分の治療費なども請求もしなければ
ならいのです。




その場合にはいろいろとわからないこともあると思いますので

ご相談くださいませ。


↓↓
お問い合わせフォーム

http://www.kouisyou.com/inqfm/general/


福岡の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所松尾和博行政書士事務所



交通事故 警察 診断書       福岡の後遺障害専門の松尾和博行政書士事務所



交通事故 警察 診断書




こんにちわ、松尾です

今日は、交通事故の被害にあった時の
3日以内にするべき重要なことについてお話しします





交通事故の被害にあい怪我をしたら、

3日以内に病院に行き、医師から診断書を発行してもらって
ください。


ここでポイントなのは、

1 病院の医師による診断書発行

2 3日以内に病院にいき診察をうけること



です。


1病院の医師による診断書発行についてですが、

勘違いされている人が多いのでご説明しますが、

最近多い、交通事故専門を謳う整骨院でも
良いかということです。


整骨院に行き、施術してもらってもだめです。

整骨院の先生は、柔道整復師で医師ではありません。


ですから、診断書を発行することができないのです。

ですから、交通事故の被害にあったら
必ず、病院に行き診察をうけてください。



2次にポイントが、3日以内に病院に行くこと。



なぜ、3日以内かというと

交通事故の被害にあってから7日以上経過した後で
病院に行き、診察をうけたとしても

交通事故における、治療費や慰謝料などを支払う
自賠責保険会社が交通事故と怪我との因果関係を
否定される可能性が高いです。



因果関係を否定されると、治療費はもちろん、
慰謝料なども1円ももらえなくなるのです。







交通事故の被害にあって怪我をしたら
この2点のポイントを守って行動してくださいね


その後、については


詳しくはこちらをご覧くださいませ
↓↓

http://matsuogyousei.net/lp/lp1609/


福岡の博多駅前の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所
松尾和博行政書士事務所

交通事故専業主婦補償について   福岡の後遺障害申請専門事務所     

交通事故専業主婦補償について   

福岡の後遺障害申請専門事務所の松尾和博行政書士事務所ご説明しますね。





交通事故で怪我をされた被害者の方が
専業主婦の場合



一般的に知られていないかもしれませんが、専業主婦にも
休業損害が発生するのです。 


保険会社は、専業主婦の場合1日あたり5,700円
で計算してきます。


そして事故日から、だいたい2ヶ月程度は休業損害として
認定してくれると思います。


しかしながら、実際の被害者の話を聞くと
家事や育児などに支障が出ている期間は

2ヶ月程度ではなく6ヶ月以上支障が出ているケースも
少なくありません。


休業損害に関してはたいていは、少ない金額で
算出されていることが多いです。

専業主婦の場合ですと

裁判所基準で算出すると
5,700円よりも大きな金額になります。

そして、休業損害として請求できる日数も
実態と怪我の状況など総合的に判断して
請求することで、保険会社が提示する金額よりも大きくなる傾向があります。


詳しくはこちらをご覧くださいませ
↓↓

http://matsuogyousei.net/lp/lp1609/


福岡の博多駅前の交通事故における後遺障害申請手続き専門事務所
松尾和博行政書士事務所









お金は口ほどに物を言う

【お金は口ほどに物を言う】


おはようございます。松尾です
私がある先生に
教わったことをシェアしますね。



感謝します。絶対にお礼します。
いつかこうします。あーします。
師匠などと言ってお金を払わない人がいます。



そういう人はださいのですよ。



やっぱり、お金を払うということが
人間にとっては価値が出るのです。




お金を出すというのは
痛みがあったり葛藤があったり
するわけですよ。




お金は真実を映し出す鏡
なんですよ。




どんなに口できれい事を言っても
お金が絡むときにもめたりする人が
います。

ですから、お金が絡むときこそ、
理想の自分を出してほしいなと
思います

お金の理想的な使い方
無駄がない
先生が母親から言われたことで
使命じゃないことにお金を使わない
大事じゃないときにはお金は使わない




自分自身のお金の使い道には
限界があるのです。

例えば、あるお金持ちの人が言ってましたが
ポルシェもレクサスも
正直にあまり変わらないと
価値には限界があるのです。



一番失敗したお金の使い方は
私の一番の後悔は
ギャンブルですね。
パチンコで負けることも昔は結構
多くて、時間とお金両方失いますからね

買っても負けても何も残らない
これがギャンブルなような気がしますね

今は,ギャンブルしなくなりましたけど



一番失敗したお金の使い方
良かったら教えてくださいね




ではまた、今日も1日
お仕事頑張りましょうね。

松尾和博

追伸
交通事故の被害に遭ったときに知っておくべきこと
100万単位で違いが出る交通事故慰謝料の真実とは
↓↓
http://matsuogyousei.net/lp/lp1609/





“交通事故の被害にあって通院しているあなたへ、

あなたは9個の勘違いをしている可能性があります。

信じられないかもしれませんが、

勘違いのまま放置していては非常に危険です。


100万単位で損する可能性があります。

すぐに読み進めて勘違いがあるか確認してください。

3分で終わります„



From: 松尾和博福岡市、博多駅前事務所
AM:6:00 快晴
 
なたは交通事故の慰謝料を増額したいですか?
 
それとも・・・
 
100万単位で損したいですか?
 

 
はい!100万単位で損するのは嫌です。
と思われる方は、真剣に以下の記事を読み進めてくださいね。
 
 
予想もしていませんでしたが、
突然その時は訪れました・・・
 
平成26年7月某日男は、
車でコンビニに買い物に出かけていました。
 
いつもの自宅の近くの交差点にさしかかり
信号は赤で停車していました。
 
すると・・・・
 
「どーん」
と音ともに、男の車は追突されたのです。
ものすごい衝撃で男は、ハンドルで
頭を強く打ち付けました。
 
首は折れ曲がるような感じになりました。
 
男は一時意識失いました
その後救急搬送されました。
 
病院で、レントゲンなどの検査を受けました。
 
診断名は「頸椎捻挫」「腰椎捻挫」でした。
 
 
それから、1週間ほど入院しました。
しかしながら、仕事をそれ以上休むわけにもいかず、
 
      

 夜も眠れない日々、憂鬱な日々でした
 


                      
 
首の痛み、頭痛、めまい、
手のシビレ、腰の痛みや、足のシビレもありました。
 
本当につらくて夜も眠れない日も頻繁にありました。
本当に憂鬱でした。
 
いつも失業、離婚、ローン地獄、破産鬱、などの
言葉が頭の中を駆け巡っていました。
 
しかし、仕事は休むことができず、
病院に通院しながら、働いていました。
 
そろそろ治療費を打ち切りしたいのですが・・
 
事故から5か月ほど経過したときのことです。
加害者の保険会社から
 
「○○サン、そろそろ、5か月経過しますので
打ち切りたいのですが?
もしもまだ痛みが治らないようであれば、
後は、後遺障害の問題ですので
医師に後遺障害診断書を記載してもらってください」
 
このようなことを言われました。
 
男は「まだ痛みも全然とれないし、
このような状況で、打ち切りなんてありえない」
 
日頃から、痛みや仕事のストレスで眠れないのに、
ますます不安で眠れなくなりました

 
 
事故からずっと通院している医者に
何か別の治療法はないかと話してみるも
 
「当院では、現在のリハビリ治療以外はとくにありません」
ときっぱりいわれてしまいたました。
 
どうすればいいんだ。と男は本当に悩んでいました。
 
誰に相談してよいものか
 
事故に遭ったのも初めてだし、相手の保険会社は
5か月経過ですのでそろそろ終了とばかり言ってきます。
 
そんな時です。
ふと、フェイスブックをみてみると
 
 
交通事故は専門家に相談しなければ
100万単位で損する可能性がある」

 

すぐに相談しなければ手遅れになる可能性もある」
と記載された広告を発見!
 
手遅れになるかもしれないと思い怖くなり
いてもたってもいられず
 
そのURLをすぐにクリックして次のページを
上から下まで詳しく読みました。
 
 
「交通事故は専門家に相談しなければ
100万単位で損する可能性がある」
すぐに相談しなければ手遅れになる可能性もある」
 
内容も私と同じような、むち打ちや腰椎捻挫などで
 
痛みを抱えながら夜も眠れない日々を暮らしている
 
多くの被害者の方たちがお勧めしている
 
 
私と同じように失業、
離婚、ローン地獄、破産鬱、

 
 
などの言葉が頭の中を駆け巡っている方たちからの推薦でした。
 
 
専門家だから、やっぱり冷たい感じ
接してくるのだろうか?
 
私のような事故の内容でも
相談してよいものだろうか?
 
むち打ち程度で大げさではないのか
 
など、不安を抱えながら、
交通事故の専門家に電話してみたのです。
 
 
すると
「お電話ありがとうございます。○○事務所です。
交通事故のご相談ですか?」
 
感じの良い電話応対でした・・
 
それで私は、交通事故の専門家の方に
 
交通事故に遭った経緯を話し、
現在の怪我の状況や保険会社の
対応などの話をしました。
 
それで、交通事故の示談までの流れや、
後遺障害申請についてなど
 
後遺障害の認定基準や、
認定されたときのメリットなど
いろんなことを教えていただきました。
 

 
後回し=取り返しがつかない

  
 
 

電話相談を終えていかに専門家に相談することが
重要かを理解しました。
 
多少費用はかかるものの、
後で取り返しがつかないことになったり
 
手遅れになる前にと思いすぐに
依頼することにしました。
 
今でも本当にその考えが
正しかったのだと思います
 
専門家と、頻繁に連絡をとりあいながら、
その後必要な検査をうけ、
しかるべき期間の間しっかりと
 
通院治療し、最後に後遺障害診断書の記載をうけました。
 
そして専門家に方に後遺障害の申請をしていだきました。
 
結果としては
 
12級13の頑固な神経症状の
 
後遺障害認定をうけることができました。
 
認定書の通知が来たときは、本当に興奮して
胸がドキドキとして、気持ちが高ぶって
しまいました。
 
少し息も荒くなっていました。
そして、すぐに私の預金口座に
自賠責保険から224万円の入金がありました
 
最終的に円満示談となりました。
 
総額800万円近い慰謝料を受け取ることができました。
 
事故に遭う前に個人的に借りていた借金
返済することができました。
 
一時はローン地獄、失業、

破産などの考えがよぎり

顎や唇が震えていました・・・

 
が本当に良い結果となり安心しました。
 
痛みなどの後遺症はありますが、十分な慰謝料
いただきましたので、
 
今後の治療にも専念でき不安や恐怖などの
ストレスから開放されました。
 
私の好きな焼肉や寿司やラーメンなどを
腹一杯に食べることもできて本当に満足しています

 
事故の当初は夜も眠れない日々が続いていましたが、
 
今では、ふかふかの布団でゆっくりと
 
ぐっすり眠ることができています。
本当に専門家にすぐに相談し、
依頼したのが正しい選択でした。
 
もしも依頼せずに後回しにしていたら
後遺障害非該当=0円、
鬱、失業、離婚の可能性...

  
 

も否定できません。
 
専門家の方に相談した際に
交通事故の被害者の方で
手遅れになっている人の話もききました。
 
ある人は、半月板損傷しているものの、

事故との因果関係を否定され、

治療費打ち切りされて裁判中など、
 

また、ある人は、
 
片目を失明状態なのにもかかわらず、
1円の慰謝料を受け取っていない方、
 
また、むち打ちや腰椎捻挫の方で、
頭痛、手のしびれ、首の痛み、めまい
などを抱えていながら、
後遺障害が認定されず、非該当で
少ない慰謝料で示談している方など。
 
のたくさん相談を受けてきたから言えるのは
多くの方は、事故から時間が立ち過ぎていたりして
どうしようもない方がとても多かったそうなのです。
 
専門家の方は、
「もう少し早く相談していただければ
いろいろとやり方があるのです。」
 
とおっしゃられていました。
 
仕事ができないと、だんだんと
夫婦関係も悪化してくるそうです。
 
仕事もできないため、ストレスになり、
夫婦喧嘩も増え、
 
経済的にも困窮していき、失業、貧乏、破産
離婚などの問題に発展してしまうと、
 
何よりも一番大事な娘さんや息子さんにも
会えなくなるのです。
 
あのかわいい笑顔がみれなくなる・・
 
事故の後遺症もあり、
頭痛、手のしびれ、首の痛み、めまい
などから、鬱の症状が出てくる人も多いです。
 
孤独の部屋で一人
 
缶ビールを飲みながら、
ぼ-っとTVを見ている日が
来てしまうかもしれません。
 
夜、狭い暗い部屋で一人、
頭痛、手のしびれ、首の痛み、めまい
 
などにより布団の中で、唇を「ブルブル」と震わせながら
すすり泣く日が来てしまうかもしれません。

 

  
 

このように
 
今、同じような悩みを抱えているあなた
次はあなたの番です
 

手遅れになる前に今すぐご相談ください 。
 
初回相談無料0円。
のページの下部に
問い合わせフォームがございますので、

9個の勘違いをが何か確認する↓↓

今すぐ相談して100万単位で損害を防ぐ
ご相談はこちらをクリック




今すぐ相談して100万単位で慰謝料を増額する
こちらをクリック


このページのトップへ