HOME > よくある質問・用語集 > 良くある質問 > Q交通事故による保険の請求について

よくある質問・用語集

< Q事故の示談について教えてください。  |  一覧へ戻る  |  Q物損事故にするか人身事故にするか悩んでいます。 >

Q交通事故による保険の請求について

Q交通事故による保険の請求について

先日自動車同士の事故に遭いました。
初めての事でわからない事が多いので、アドバイスお願いします。

状況》
・片側2車線の道路


・私が左車線、相手が右車線(右斜め前方)を走行
・相手が方向指示器を出すと同時に左折(車線変更ではなくいきなり左折)してきた為、止まりきれずに衝突
・両者任意保険加入
・事故後、両者病院に運ばれ、人身扱い
・当方は頚椎捻挫、擦過症などで全治1週間で、左腕も痛めた為仕事が出来ず1週間の休業中(相手の状態は全くわかりません)


相手は私と「同一車線を走行していて、左折しようとした」と言っているようです。
互いの車の損傷位置を見たら、ある程度事故状況はわかるだろうは思うのですが、少し不安な部分もあります。


後日私の加入している保険会社から連絡が入り、封書が2つ送られてきました。
1つは事故内容→対物
「希望の支払方法にチェックして下さい」と記入してあり「対物保険・相手方の指示に従って支払ってください」にチェックするようにと、○がつけてありました。
これは相手方の車の修理分なのでしょうか?

もう1つは事故内容→人傷・搭傷
通院交通費や休業損害証明書が入っいました。


互いに保険に加入している場合、相手の任意保険から保障されるものではないのでしょうか?
相手・相手の保険会社からは一切連絡がないのですが、普通の事なのでしょうか?

過失割合が0:10になる事はないとは分かっていますし、人身扱いになっている以上、互いに加害者被害者であるのは理解しているのですが、書類上一方的な加害者になっているように感じて不安です。


纏まりのない文章で申し訳ありません。
アドバイスお願い致します。

補足病院に運ばれる前に事情聴取があり、私が説明した内容を警察の方が用紙に記入し(「相手方に怪我をさせた事を認めます」「右前方を走行していた相手の車が急に左折したため~」
「今後後方の車にも注意を払ってほしい」)署名捺印しました。これは証言が認められたことになるんでしょうか?診断書提出した為人身扱いになっています。
交差点外、進路変更可能なため30:70になるかと。警察には「後は保険屋に任せて」と言われました。





A 事故に遭われたこと、お気の毒に思います。

まず、自分の任意保険会社の担当者と相談をするのが第一です。

事故後の処理ですが、警察の事情聴取では「いきなり左折したために衝突(追突?)」したことは認められているのでしょうか?
また、「人身扱い」とありますが、診断書を警察には渡されたのでしょうか?事故の形態から察すると、交差点外なら、
貴方:相手=30:70が基本で、進路変更禁止場所での事故だったり、合図がなければ(証明は難しいですが)20:80になります。
交差点での事故なら、貴方:相手=20:80が基本となります。合図遅れなどがあれば10:90になります。まずは、記録上どうなっているかを知る必要があります。

次に、任意保険ですが、対物保険というのは、相手の車に対するものです。自分の車に対しては車両保険で対応します。
「相手方指示に従って支払ってください」とあれば、「保険屋さん同士の話し合いに従います」という意味です。

確かに、「相手の任意保険から保障される」とありますが、この事故の場合はあなたの過失割合がゼロではありませんから、
事実上任意保険の会社同士の話し合いで保障内容が決定されます。保険会社は互いに支払いたくないものは支払いたくありません。
貴方の人身部分の保障に関しては、貴方の過失分は貴方の任意保険会社が支払うことになります。
事故内容が上記のように、警察および任意保険会社に認識されているならば、貴方が行うべきことはご自身の通院の状態、休業により生じた損害(有給休暇でカバーしていても算定されます)を
ご自身の任意保険会社に逐一報告することです。

なお、人身部分については、120万までは貴方が加入されている自賠責保険でカバーされます。
したがって、後遺障害が残らないような怪我の場合は、120万までは任意保険会社は何も言いません。
対物はすべて任意保険会社になりますから、先に対物部分を解決したいという意向が、貴方の任意保険会社にはあったのだと思います。


詳しくはご相談ください

< Q事故の示談について教えてください。  |  一覧へ戻る  |  Q物損事故にするか人身事故にするか悩んでいます。 >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ