HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 積極損害 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~

よくある質問・用語集

< 休業損害について ~主要な交通事故の損害とその算出方法~  |  一覧へ戻る  |  後遺症による逸失利益 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~ >

積極損害 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~

一般的な交通事故の損害のうち積極損害と呼ばれるものは以下になります。


①治療関係費
 受傷による治療費・入院費は、原則として、傷病の治癒または、症状固定時までの
必要かつ相当な実費が損害として認められる。これらの治療関係費は医療機関発行の領収書
レシート等によって立証することができるが、治療の必要性および相当性の立証することができるが、
治療の必要性および相当性の立証の観点からは、治療内容及び治療経緯が把握できる診療報酬明細書に
寄ることが一般的です。


②通院交通費
 被害者が通院のために支出した交通費は、領収書やレシートによって立証する。

一般的には、電車やバスなどの公共交通機関による領収書を添付する。

③装具、器具購入費
 義手、義足、車いす、補聴器、かつら、電動ベッドなどの装具、器具等の購入費用は、疾患の内容・程度に寺師、必要かつ相当な範囲内で
損害として認められます。

④付添看護費

 入院先の医療機関において完全看護体制がとられていたとしても、hギア医者の症状の内容・程度及び被害者の年齢
に照らして必要かつ相当と認められる場合は付添看護が認められます。


⑤入院雑費
入院に伴い発生する雑費については、個別の支出内容や金額について領収書やレシート等で
裏付けなくても入院期間等で立証することによって1日当たり1500円程度は損害として認められる。



< 休業損害について ~主要な交通事故の損害とその算出方法~  |  一覧へ戻る  |  後遺症による逸失利益 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~ >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ