HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 後遺症による逸失利益 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~

よくある質問・用語集

< 積極損害 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~  |  一覧へ戻る  |  慰謝料  ~主要な交通事故の損害とその算出方法~ >

後遺症による逸失利益 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~

交通事故による子医証の存在とその内容・程度については、
自動車損害賠償責任保険の後遺障害診断書や自賠責保険における

後遺障害等級表等により立証する。後遺障害の内容・程度について、
科学的な事項が争点となることが、予想される場合には、
後遺症の診断をした医師から意見を聴取するとともに、

ばあいによっては意見書を作成してもらい、証人として出廷してもらえるかどうかも確認しうる。
意見書の作成に協力が得られない場合でも、医師から聞き取った内容を事情聞き取り書として残しておくとよい。


労働能力喪失率については、後遺障害等級に対応する数値を基本とするが、
その場合はでも後遺障害が存することにより日常生活や死後にどのように支障をきたしているのか
具体的に確認する必要があります。


< 積極損害 ~主要な交通事故の損害とその算出方法~  |  一覧へ戻る  |  慰謝料  ~主要な交通事故の損害とその算出方法~ >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ