HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 遂行機能障害について

よくある質問・用語集

< 半側空間無視について  |  一覧へ戻る  |  Q相談時期はいつ頃が良いのですか? >

遂行機能障害について

・ワーキングメモリー理論
 会話、文章理解、思考、判断、意思決定などの遂行には、木おp九に蓄えてしまうのではなく、一時的な用法保持の場所が必要です。
 この一時的な情報保持や処理の仕組みをワーキングメモリーといい、前頭連合野がその機能を担っていると考えられている。

・ワーキングメモリーは短期記憶に似ていますが、ただ単に記憶しているだけでなく、その記憶している情報を目的達成のために応じて
 取捨選択、再生成などの操作を加える、「動的な記憶」を言います。

< 半側空間無視について  |  一覧へ戻る  |  Q相談時期はいつ頃が良いのですか? >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ