HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 異議申立手続き

よくある質問・用語集

< 後遺障害等級認定  |  一覧へ戻る  |  後遺障害 脊柱管狭窄症 >

異議申立手続き

自賠責保険における後遺障害等級認定手続きは大量かつ迅速な処理を目的と
するため、書面による調査が中心となる。そのため、被害者の症状などについて当初
提出した資料のみでは、被害者の症状等につき十分な情報が伝わらなずにに不適切な判断が出ることもある
そこで、損害保険料率算出機構の内部の手続として、異議申し立て制度を設けている。


被害者は、調査事務所のだした、結論に不服がある場合には、異議申立書に異議申立手の理由を記載し
追加資料を添付して異議申し立てを行うことになります。

異議申立は何度でもできます。
しかしながら、最初の認定を覆すような医証が必要となり、
初回の申請にくらべると難易度は高くなります。

< 後遺障害等級認定  |  一覧へ戻る  |  後遺障害 脊柱管狭窄症 >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ