HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 後遺障害 脊柱管狭窄症

よくある質問・用語集

< 異議申立手続き  |  一覧へ戻る  |  後遺障害慰謝料14級 >

後遺障害 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは


背骨にかもまれた管状の空間のこt、背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。
椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。
脊柱官の中には神経が入っている硬膜というふくろがあります。

頸椎部と胸椎部の神経は脳から続く実質性載せきづいであり、腰椎部の神経は馬尾(ばび)
と呼ぶ繊維性の神経束や血管が通っています。正規中間はそれらの神経を護る役割があります。
神経は脊柱管の中で枝分かれして身体の各部へと延びていきます。


脊柱管狭窄症は、基本交通事故による外傷性で発症することはありません。

しかし、脊柱の障害として認められることもあり、
後遺障害7~8級ていどになりますが、素因減額により
50%減がlくされる可能性が高いです。



< 異議申立手続き  |  一覧へ戻る  |  後遺障害慰謝料14級 >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ