HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 通勤災害 後遺障害 労災

よくある質問・用語集

< 後遺障害診断書と症状固定について  |  一覧へ戻る  |  後遺症による逸失利益 >

通勤災害 後遺障害 労災

通勤中に交通事故の被害に遭った場合は、
労災をつかうのか、
自賠責の方どちらを使ったらいいのですか?


こういう相談がありますが、

結論は両方使えます。

どちらを使うか被害者の方の自由ですが、
交通事故の場合は、加害者が任意保険入っていれば
保険会社が手続をしてくれますので、保険会社に任せるといいと思います。


加害者が任意保険に加入っていなければ
会社にいって労災の手続をしてもいいと思います。

しかし、労災を使った場合は、労災は、
加害者に請求しますので、結果的には加害者の自賠責保険を使うことになります。

ただし、休業損害や後遺障害が発生した場合はこの考えとは違う考え方になります。

休業損害が発生した場合の補償は、労災から休業補償として6割が支給されます。
残りの4割を加害者側が支払うことになります。保険会社に対する休業損害の請求では、
よくその請求期間がいつまでなのか?という争いが生じます。これに比べると、
労災の休業補償は緩やかであるといえます。その緩やかな基準で支払われた期間は、
保険会社も合わせて支払ってくる場合がほとんどなので、保険会社と休業損害の交渉を行う手間が泣くメリットといえます。
このように考えれば労災の適用も考えられます。

もう1つ、交通事故で労災を使用すると特別支給金という賃金の2割分が支給されます。
これは加害者とは全く関係ない労災特有のものなので、
お見舞金と同じ性質で「給料の2割が多くもらえる」という感覚で
受け取れるというメリットもあります

労災の後遺障害について

労災保険では、後遺症になると傷害補償給付というものが支給されます。

8級までは、一時金で支払われますが、これは自賠責と重複するので支給されることがないのです。
自賠責を請求しなければ支給されますが、労災保険のほうが金額が低いので
労災を請求することはないでしょう。

しかし、7級以上になると年金が支給されます。

これは、一時金(一括)ではないので、
最初の3年間は停止されるだけで、以後は支給されます。


金額は下記のようになります

1級・313日分
 2級・277日分
 3級・245日分
 4級・213日分
 5級・184日分
 6級・156日分
 7級・131日分

< 後遺障害診断書と症状固定について  |  一覧へ戻る  |  後遺症による逸失利益 >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ