HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 死亡逸失利益

よくある質問・用語集

< 労働能力喪失期間  |  一覧へ戻る  |  精神的損害(慰謝料) >

死亡逸失利益

 死亡逸失利益とは、被害者が交通事故により死亡しなかったならば
得られであろう利益をいい、次の計算方法によって算定される。

 《式》 基礎収入額×(1ー生活費控除率)×就労可能年数に対応する
                        中間利息控除係数

 有職者または就労可能者については、次の式による。
 《式》 現実年収額または学歴計あるいは男女別平均賃金×(1ー生活費控除率)
    ×67歳までの中間利息控除係数

 18歳未満の未就労者の場合は次の式による。
 《式》 学歴計の男女別あるいは全労働者平均賃金×(1−生活費控除率)
    ×(67歳までの中間利息控除係数ー18歳までの中間利息控除係数)

 こうして算出される死亡逸失利益の賠償を求めることを内容とする損害賠償請求権
を相続人が相続して加害者に請求する。なお、相続構成も、被扶養利益(固有損害説、
なかでも扶養侵害説、生活利益侵害説が有力とされる)の請求を否定するわけではない。
 

< 労働能力喪失期間  |  一覧へ戻る  |  精神的損害(慰謝料) >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ