HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 交通事故 積極損害 通院交通費

よくある質問・用語集

< 交通事故 積極損害 治療関係費  |  一覧へ戻る  |  後遺障害等級 慰謝料について >

交通事故 積極損害 通院交通費

通院交通費


被害者が通院のために支出した交通費は、領収書やレシートによって立証する。

電車やバスなどの公共交通機関で領収書を取得できない場合には、利用の日付、金額及び経路を記載した通院
交通費明細書を作成する。

自家用自動車での通院の場合、必要かつ相当な範囲でガソリン代、
駐車場代および高速道路利用代が認められる。したがって、被害者の自宅と通院先医療機関の所在地、双方
の距離、移動経路等を把握しておく必要がある。

遠隔地に居住している近親者の付添や見舞いのための交通費や宿泊費も、必要かつ相当な範囲で
損害として認められるケースがあるので、支出したことを裏付ける領収書やレシートなどを
保管しておく必要があります。

< 交通事故 積極損害 治療関係費  |  一覧へ戻る  |  後遺障害等級 慰謝料について >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ