HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 使用者責任とは

よくある質問・用語集

< 自賠責3条にいう 〜運行によって〜  |  一覧へ戻る  |  従業員が交通事故を起こした場合、雇主は損害賠償責任を負うのでしょうか >

使用者責任とは

使用者責任とは・・・

ある事業のために他人を使用する者は、(使用者)は、その被用者がその事業の執行につき
第三者に損害を与えた場合には、その損害を賠償しなければならないとあります。
被害者からみると、直接の加害者たる被用者よりは、その被用者を通じて事業を営んでいる
使用者の方が一般的に大きな資力を有しており、したがって、損害賠償請求をして満足を得る
可能性も格段に高いという期待を抱く事が出来ます。

これは、deeppokettheoryとも呼ばれています。

自動車側が加害者となった交通事故において、その自動車の運転者が、だれかに
何らかの形で雇用され、その仕事のために運転業務に従事している、すなわち、
仕事(業務)の遂行中に事故を起こしたときは、被害者は、その使用者に対しても
損害賠償請求をしていく事が出来る。その際、「事業の執行について」
当たるか否かの判断にあたっては、いわゆる[外形理論」によっています。

これにより、損害回復の可能性を増大させ、被害者の救済にも資することに繋がっていく
のである。


< 自賠責3条にいう 〜運行によって〜  |  一覧へ戻る  |  従業員が交通事故を起こした場合、雇主は損害賠償責任を負うのでしょうか >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ