HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 自賠責保険~保険金額及び支払基準について~

よくある質問・用語集

< 自賠責保険~給付要件~  |  一覧へ戻る  |  高次脳機能障害 >

自賠責保険~保険金額及び支払基準について~

自賠責保険~保険金額及び支払基準について~

1保険金額

自賠責保険で支払われる保険金の上限額を保険金額といい
政令、で定められています。

事故で実際に生じた損害額が保険金額を上回っていても
自賠責保険は保険金額の限度でしか支払われません。
現在の保険金額は、死亡による損害については3000万円、
傷害による損害については、120万円です。

また、死亡に至るまでの傷害による損害についてはも120万円です。

後遺障害については、自賠責法施行令の別表で後遺障害等級ごとに
定められており、最も重度の第1級で3000万円、最も軽度の第14級でも
75万円です。
なお、常時介護を要する後遺障害の場合は、4000万円、随時介護を要する
後遺障害の場合は3000万円である。なお、複数の後遺障害が生じた場合や
既存障害が重くなった果汁の場合の処理については、自賠法施行令2条の規定があります。

この保険金額は、1台の自動車による1事故の被害者1名についてのものであり、
1事故で被害者が複数いれば被害者ごとにそれぞれ保険金額が定まる

また、自賠責保険は自動車ごとに締結されているため、複数台による
事故の場合は、保険金額に自動車ごとに締結されているため、
複数台による事故の場合は、保険金額に自動車の台数をかけた金額が
保険金額となります。さらに、保険契約の期間内であれば、再度事故を起こしても
新たに上記保険金額が支払われる保険金の上限となります。

2支払基準について

被害者に対する最低限の救済を、迅速確実に行うという自賠責保険の社会保険障的性格から
、損害額の算定には公平性とともに、処理の定型性、画一性が要請されます。

そこで、自賠法は、国土交通大臣及び内閣総理大臣が公平かつ迅速な支払いの確保の
必要性を勘案して支払基準を定めることを規定し、自賠責保険会社は、この支払基準に従って
保険金等を支払わなければならないとの名分規定をおくに至りました。

現在適用されている支払基準は(平成14年4月1日以降に発生した事故が対象)は、
「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準
であります。

自賠責保険の支払基準は、最低限の保証を迅速に行うという自賠責保険の趣旨から、
休業損害や通院慰謝料の日額を定めていたり、後遺障害に対する慰謝料や死亡の場合の慰謝料を控えめに
抑えられている点などに特徴があります。
そのために、加害者者等に対する損害賠償請求訴訟で裁判所が認定する損害額とは
異なる損害算定結果となる点に注意が必要です。

詳しい、損害賠償算定などを知りたい方は、直接相談くださいませ。

今すぐ相談したい方はこちらをクリック (相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/

相談を後回しにすることで100万円単位で損する可能性が
ありますのでまず相談して交通事故に関する知識を得ましょう

はい!後回しにしません(相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/




< 自賠責保険~給付要件~  |  一覧へ戻る  |  高次脳機能障害 >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ