HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 精神後遺障害①

よくある質問・用語集

< 高次脳機能障害  |  一覧へ戻る  |  精神後遺障害② >

精神後遺障害①

精神についての後遺障害について解説したいと思います。

非器質性の障害

①非器質性精神障害の後遺障害認定上の前提条件として

A 非器質性精神障害は、その発症および症状の残存において、事故に触説的に関連する
身体的外傷や心的外傷などの要因に加えて、環境的要因や個体側要因などが複雑に関連し合う
ものであり、本質的に多いん性の障害である点で、器質的な損傷に起因する障害とは異なります。

B 非器質性精神障害は、本質的には新田的機能において何ら障害はなく、精神医学的に適切な治療により
完治しうるものであり、障害が残存しているとしても治る可能性を有しています。

C 非器質性精神障害は、多いん性であり、かつ治る可能性を有している障害であることから、
非器質性精神障害として評価するにあたっては、精神花専門医による診断及び治療がなされていることが
必要不可欠となります。

②因果関係の判断について

交通事故と発症との因果関係の判断にあたっては、非器質性精神障害の発症要因が多因的であることを踏まえて
、事故の状況、受傷状況といった客観的な事実関係、事故受傷から概ね6tヶ月以内の精神症状発症の確認、
精神か専門医受診に至る経緯、ICD-10に基づく精神医学的な診断名等、交通事故と発症との関連について
の調査を行い、総合的に判断していくことが重要であるとされるとしています。

なお、症状残存の印顎間系の判断では、発症以降における治療経過や症状残存に対する交通事故との影響
交通事故外の要因等を調査し、総合的に判断していくことが重要であるとされています。

なそ、残存症状との因果関係の判断にあたって、非器質性精神障害の他院性を踏まえて、「因果関係の有無の半断が
困難な場合の減額」の適用を考慮すべき事例も想定されるとしています。



続きはこちらクリック

今すぐ相談したい方はこちらをクリック (相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/

相談を後回しにすることで100万円単位で損する可能性が
ありますのでまず相談して交通事故に関する知識を得ましょう

はい!後回しにしません(相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/





< 高次脳機能障害  |  一覧へ戻る  |  精神後遺障害② >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ