HOME > よくある質問・用語集 > 用語集 > 家事従事者~休業損害について~

よくある質問・用語集

< 精神後遺障害②  |  一覧へ戻る  |  無職者、学生・生徒・幼児等~休業損害について~ >

家事従事者~休業損害について~

家事従事者の休業損害について


家事従事者とは、主婦のことです。主婦も専業主婦と兼業主婦と2通り存在します。


家事従事者の休業損害を算定する際には、
「賃金センサス第1巻第1表の産業計、企業規模計、学歴計、女性労働者の全年齢平均の賃金額」
を基礎とします(最判昭49.7.19判時748-23)有職の主婦の場合、実収入のが上記平均賃金以上の時は、
実収入により、平均賃金より下回るときは、平均賃金により算定する。家事労働分の加算は認めないのが
一般的である

三庁共同提言では、「(ア)専業主婦の場合・・・原則として全年齢平均賃金による」
「ただし、年齢、家族構成、身体状況及び家事労働の内容などに照らし、生涯を通じて
全年齢平均賃金に相当する労働を行い得る蓋然性が認められない特段の事情が存在する場合は、
年齢別平均賃金を参照して適宜減額する」

「(イ)有職の主婦の場合・・実収入額が全年齢平均賃金を上まわっているときは、実収入額によるが、
」、「下回っているときは上記(ア)に従って処理する」とされる

家事労働では、その労務対価として金銭が得られる性質のものではないが、前掲最高裁昭和49年7月19日判決
は、金銭的に評価しており、実務ではこの立場で運用されています。

すぐ相談したい方はこちらをクリック (相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/

相談を後回しにすることで100万円単位で損する可能性が
ありますのでまず相談して交通事故に関する知識を得ましょう

はい!後回しにしません(相談無料0円)
http://www.kouisyou.com/inqfm/general/

< 精神後遺障害②  |  一覧へ戻る  |  無職者、学生・生徒・幼児等~休業損害について~ >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ