HOME > よくある質問・用語集 > 良くある質問 > Q事故の怪我でまだ 痛みがあるのですが、保険会社から打ち切りを言われたのですが、どうしたらいいですか?

よくある質問・用語集

< Q 症状固定について  |  一覧へ戻る  |  Q健康保険の使用について  >

Q事故の怪我でまだ 痛みがあるのですが、保険会社から打ち切りを言われたのですが、どうしたらいいですか?

Q事故の怪我でまだ 痛みがあるのですが、保険会社から打ち切りを言われたのですが、どうしたらいいですか? 


A この質問は、交通事故相談をしていると本当によく受ける相談です。  
この保険会社の治療費支払い打ち切りにどのように対処するかという問題は、今後の治療費はどうなるかという問題と、
今後も治療を続けるべきかどうかという問題を分けて考える必要があります。

  まず、前者について、相手方の保険会社が事故後に「病院での治療費はこちらで支払います」と申し出たとしても、
 保険会社は病院や被害者と治療費の支払いについて約束(契約)した訳ではありません。
任意保険会社は「一括払い」という保険サービスの一環とし て治療費という損害賠償金の一部を内払いしているに過ぎないからです。
裁判所もこのような考え方を支持しています(大阪高等裁判所平成元年5月12日判決)。

ですから、保険会社の治療費支払い打切り通告に対して被害者はこれを受け入れるしかありません。
しかし、だからといって、被害者としては治療自体を打ち切る必要はまったくありません。 主治医とよく相談して、治療効果が出ている限りは治療を続けるべきです。
ただし、保険会社からの支払いはなくなりますので、以後は治療費をいったん自分で立替払いしなくてはなりません。
それまで自由診療で治療を行っていた方は、 今後負担する金額を少なくするために、病院に健康保険証を提示して保険診療に切り替えましょう。
 他方、医師と相談した結果、これ以上治療の効果が見込めないと診断された場合には、 症状固定したものとして後遺障害等級認定申請の準備をして下さい。

< Q 症状固定について  |  一覧へ戻る  |  Q健康保険の使用について  >

カテゴリ:

092-292-9255 ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ